2008年12月17日

友人の企画を紹介“命を食べる"人生ワークショップ

おはようございます。
AQUA MIXTの寛子です。

昨日の「夜明けのレッスン」に、またまたたくさんの感想メールありがとうございました・感涙
同じような体験、罪悪感を抱えている人がこんなにまで多いんだと実感し、共有し、癒しのきっかけが出来ることを本当にうれしく思います。
罪悪感を選んでいるのは私たち自身であり、天使も亡くなった命も、誰もあなたを責めていません。
その体験からの愛の学びこそが、真実だと感じます。

命にまつわる話に関連して、コーチングつながりの 親愛なるウッチーこと 内田優子さんのワークショップを紹介させていただきます。
日程が迫っていますが、若干空きがあるそうです。
私は参加させていただきますので、ご一緒出来る方がいらしたら幸いです。

詳細はこの記事の最後、またはウッチーのサイトを参考にして下さいね。


私自身は現在、リーディングの精度を維持するため、身体の浄化のために、完全菜食(マクロビオティック&ナチュラルハイジーン)の食生活を送っています。

特に肉類、白米や砂糖など精製されたものは、チャクラやサイキックアビリティに影響を及ぼします。現在リーディングセッションを生業としているプロですから、限られた時間のセッションで高い精度を維持しなければなりません。(精度が落ちると、同じリーディング内容に時間が掛って疲れてしまいます。急に見えなくなってしまう、ということではないのですが。)
食事の管理や健康管理も仕事の一つなのです。

よく誤解されるのですが、肉類を普段食べないのはよくあるベジタリアンの主張の動物愛護のためではない、ということです。

動物や魚を避けているのは、身体の浄化のためであり、現在世の中には自然の恵みに感謝をささげられていないまるで工業製品のような食品が多く、それらを避けるためです。
それは、動物性のものだけではなく、青果物でも同様です。
人が生かされている生命(いのち)たちに、動物性も植物性も、区別はありません。
すべての生きとし生けるものたちへ、自分たちがこの地球で生かされている存在であることに感謝を捧げることが大切なのではないでしょうか。

ですから時には(一年に数回ですが)、いい環境で愛されて育った美味しい鶏肉(実は大好物なのです・・・)を感謝していただくこともあります。

彼らからのメッセージは、人間に食べられることに対しては問題視していません。
もともと自然の生態系は、食べて食べられの上に成り立っているのですから。
問題は、その育てられ方(生き物として扱われていない・抗生物質漬け・狭い鶏舎など)であり、感謝の捧げられていないこと。人間の傲慢さに対しての警告です。
鳥インフルエンザや殺人ウィルスの報道も増えてきましたが、そんな人間に対する警告なのかもしれませんね。

以下、ウッチーのサイトの紹介から引用です。

=============================

    “命を食べる"人生ワークショップ  

=============================
〜 あー 生きるってこんなにシンプルだったんだ! 〜
〜 目を輝かせて働らけたら幸せだね 〜


開催日時:
 2008年12月21日(日)〜22日(月)
   21日(日)13:00 現地集合
   22日(月)13:00 現地解散 
            ※解散後、希望者へは吉田うどんをご案内します

会場:
 「かとうさんち」
 (山梨県都留市: 新宿から高速バスで 1時間半弱)
 http://blog.livedoor.jp/earthconscious/
  電話番号0554-45-6788

交通案内:
 A) 高速バス 新宿−都留 1時間30分 (都留からの送迎有り)
 B) 電車 都留市駅下車 (都留市からの送迎有り)
 C) マイカー 中央道−都留IC−一般道5分 (駐車場あり)
 ※詳細はお申し込み後にご連絡いたします

内容:
 鶏をさばいて命をいただく
 感謝する
 命を感じる・味わう
 自分らしく生き切るためのワーク
   これらワークを通して内から沸き起こるものに気付き、
   より豊かに生きるきっかけを作る


日程:
 1日目(12月21日)
   到着
   餌やり 薪割り
   (育ての親)かとうさんちにとってニワトリとは何なのか?を聞く
   鶏をしめる
   ありがとうの気持ちを育てる(祈り・感謝する)
   鶏をさばく
   みんなで調理
   美味しく鍋を食べる
   経験を味わうワークをする
   (例えば 自分はいろんな生命に支えられて、ともにいることに気がつく。
    自分の命も他人の命も大切なんだなと実感する。生命・存在に感謝する。)
   語り会(ちょっぴりお酒をたしなみながら)


 2日目(12月22日)
   冬の朝の森の散歩をする
   野良仕事(例: 森で唯一の暖である薪を割る)
   (おやつ あれば)
   イメージワーク(瞑想)
   (あなたにとって「人生生き切る」って? 探してみよう、近づいてみよう)
   振り返り


 ※期間中に入浴の時間はありません。
  ご希望の方はお申し出下さい(近くの温泉をご紹介)。


参加者:
 より豊かな人生を模索している方
 自分の人生が解らなくなっちゃった方
 経営者/組織代表、役員の方 
   の すべて又はいずれかに該当する方


定員:
 13名 (お申し込みの時間順で締切)


持物:
 筆記用具(ポッケトサイズのメモ帳、ペン)、
 水筒(保温機能つきができればお勧め)、
 雨具(雨でも決行します)、
 マイ食器類(箸、おわん、深 皿、コップ) 
 歯ブラシ、クリーム、タオル、ティッシュ、薬、寝まき
 お茶だね、お酒(飲みたい人は)、ほか、
 各自 適宜必要なものをお持ち下さい


服装:
 東京の気温から-5℃くらいです。
 野外での活動もありますので、暖かい服装をご用意下さい。
 靴は運動靴でお越し下さい。


参加費: 
 社会人3000円、学生2000円(食事代実費程度)
 (12/15 今回はテスト料金に変更)

宿泊施設使用料: 
 別途(お気持ち500円〜 募金方式)
 ※近くの温泉を利用される方は別途自己負担でお願いします。

お酒: 
 上記食事代金に含まれていません。各自飲みたいものをご持参ください。

交通費: 
 自己負担です(高速バス片道1450円×2) 



問合せ先/申込先:
 E-mail: yukomtuchida★r9.dion.ne.jp (内田宛)
 (★は@に変換して送信ください。いたずらメール防止のため)

 申し込みの際には以下もご送信下さい
  1)氏名
  2)年齢
  3)携帯電話番号・携帯メールアドレス(緊急用)
  4)PCメールアドレス
  5)緊急連絡先 ※ご自分以外の連絡先
  6)会社名又は所属先・役職
  7)ご予定の交通手段(上記 A, B, Cより)
  8)このWSに期待していること
  9)このワークショップ情報を知ったきっかけ・紹介者


講師紹介:

 加藤大吾(だいご):ピースフルライフワーカー、コーチ、企業研修講師
 http://blog.livedoor.jp/earthconscious/
 http://www.earth-c.info/earthconscious/outline/outline.html
 だいごから: すべての人/地球/自然が幸せだなって感じられるように
 なりたいですね。

 内田優子(ウッチー):エグゼクティブコーチ/ ライフコーチ(CPCC),
 レイキヒーラー(マスター)
 http://plaza.rakuten.co.jp/lilyandrosy/
 ウッチーから: いのちを実感する複数のワークをします。
 今これを最も必要な方に届けたい


posted by AQUA MIXT☆水本 寛子 at 08:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | AQUA MIXTを紡ぐ人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。