2009年03月25日

奇跡と祝福の連続の旅 IN 台湾【潤治編・2】〜台湾到着…〜

おはようございます、潤治ですぴかぴか(新しい)

今日明日と5月に行うワークショップ「新月のヴィジョンクエスト」の下見を
南伊豆にしてきます車(セダン)

“薬師の湯”という薬石岩盤浴を楽しむ予定です。
サウナと違い、ほのかな熱さでじっくりと汗をたっぷりと出せるのがとても快適で
思考も熱さのために鈍るということもなく、自分の内側に入れる感じです。

今回、台湾の旅を寛子視点と潤治視点で書き綴ります。
お楽しみいただければ幸いです。


思い通りにいかない…けど、結果的にそれが導きであった台湾旅行は
成田空港午前9時40分発の便から始まりました…。

いつも海外旅行で考えるのは「洋服」です。
過去、何度も必ず着ないセーター、シャツ、ジーパンのスペア…。
いつも旅行カバンを重くします。
最近はその学びから、反省点を書き出して、パスポートと一緒に入れておきます。
今回はそれが役にたち、Tシャツ3枚・フリース1枚、下着類とともにカバンにいれ
できるだけバックを軽くします。
重いバックはとてもストレスで、おみやげを入れるスペースを十分に確保したかった
のです。
おみやげはほとんど、寛子チョイス…ですが。

飛行機に乗り込み、いつもならベジタリアン食に機内食をしておくのですが、今回は
手配を忘れてしまい、シーフードか、ビーフ…。
飛行機の中で食事をすると調子が悪くなるので、機内食できたチョコレートケーキに
名残惜しく別れを告げ、眠り込むことにしました。

アメリカ便や、ヨーロッパ便だと中国人に間違えられる僕ですが、チャイナエアライン
でしたので、大丈夫でした。本場は間違えませんね。

…と安心して眠りにつくとアッという間に台湾に着きます。
日本から3時間ほどの距離、−1時間の時差です。

空港に着き、初日の行動計画は万全です。
意気揚々と入国審査を受けに行くと…

審査の人が何やら、怪訝な顔。
「トミノツウ!」「トミノツウ!」「ノー、トミノツウ!」

何を言っているのか、理解できず…。
しばらく考える。

トミノツウ?→トミノイツ?→トミノイチ?→富の市?!→お祭り的なもの?
いや、そんなことはない…、別の人に聞いたら
「TERMINAL TWO」

あっ、なるほど、「ターミナル ツー」。「第二ターミナル」ねッ。
僕たちはどうやら第二ターミナルに来ていたようです…。

発音恐るべし…。

空港で「富の市」みたいなイベントをやっていたら面白いのに…。
っていうか、「富の市」というイベントは日本でもあるのか?

どこでどう間違えたのか、判らないまま、出口へ向かう。
他の乗客もいて、どうして僕たちだけが間違えたのか…、いまだに謎…。

いったい他の乗客はどうしたのか?
これからの旅を予感させる出来事でした。

空港から宿泊予定の『美麗信花園酒店(ミラマガーデン台北ホテル)』に行く途中に
今回フリーツアーだったので、両替を兼ねてお土産屋に寄るというオプションが
半ば強制的に入れられていたのでした。

お土産屋に入ると
「いらっしゃいませぇ〜、ようこそ台湾へぇ、いらっしゃいませぇ〜」
と流暢で少しからみつく感じの日本語。

お土産屋に一緒に入った他の日本人観光客は固まっていました…。
「買わされる!売りつけられる!絶対に買わない!」
そんな声が聞こえてきそうな感じ。

寛子と僕はその店員の強引さに店の奥に連れて行かれるのでした…。
(続く…)
タグ:台湾の旅
posted by AQUA MIXT★水本 潤治 at 06:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潤治★体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック