2009年05月30日

水晶の月が始まりました

こんにちは黒ハート 寛子です。

昨日は、講師契約している会社の新人研修報告会という名の、打上げで立食パーティバーでした。
みんなで集まる楽しい場とうことで、普段は完全菜食ですがビュッフェのお魚は解禁にしました。
アルコールも少しはいただきたかったのですが…実はこういう場ではオチオチ飲んでられませんあせあせ(飛び散る汗)私が飲み会にほとんど行かなくなったのが、この理由によるのですが。

「今、何か(天使や守護霊が)言ってますか?」
「今の課題って、なんでしょう?」
「結婚どうでしょう?」
「変な悪いもの、憑いてないですか?」etc...

歓談の合間に、こんな質問を数多くいただくことになります。
正式な個人セッションではないといっても、お世話になっている社員のみなさん、契約講師の仲間たち。
短時間のちょっとしたやり取りでも、一番精度のよい状態で一言をお伝えしたいと、つい思ってしまうのですね。それで、一切アルコール無しで二次会まで参加。
あんなに好きだったアルコールよりも、エンジェル・リーディングが好きってことでもありました・笑
好きなことで生計をたてている今は、とても幸せでするんるん
そして続きが気になる方は、ちゃんとうちのサロンにいらっしゃいますし。昨晩も、毎週のようにいらっしゃる方や転機に訪れる方、ご家族親戚に口コミが広がっている方も・笑

さて本日より、古代マヤの叡智を基にした、ホゼ・アグエイアス博士が提唱する「13の月の暦(コズミック・ダイアリー)」では、水晶の月が始まります。協力の28日間です。

青い電気の嵐の年
水晶の月 1日

KIN 207 青い水晶の手
協力 捧げる 普遍化する
cooperation dedicate universalize
癒し 遂行 知る
healing accomplishment knows

「水晶の月」の「水晶の日」である今日は、協力というキーワードを意識してみましょう。

私は現在コズミックダイアリー講師の正式認定までの、いくつかの課題に取り組んでいます。
そのうちの1つ、ホゼ・アグエイアス博士の7日間セミナーDVDを暇さえあれば見て、セミナー用に書きおこしています。

知識ではなく、叡智を伝える素晴らしさを、そして難しさを痛感しています。

コズミックダイアリーより

水晶の月
 
宇宙的な協力とは?

「お陰様」という言葉を知っていますか?


すべてのものがつながっている、

ということを常識のように感じるようになったとき、
直接、お世話になっていない人にも、
「お陰様」という感謝の言葉をかけるようになる。


日本人の集合意識がもっていた、

深い精神性と、宇宙の摂理への理解を、感じたいと思う。


すべてのものがつながっているという宇宙の姿を知って、

宇宙的な目的を意識するなら、
「協力」は誰かへの協力ではなく、
誰かへの協力を通して、地球への協力であり、宇宙への協力である。
その完全な結晶状態が、水晶を表す。
 


水晶の月の28日間は、

生きとし生きるすべてのものとのかかわりを見つめ、
協力(co−operation)、共に機能する、
ということが、いかに宇宙を構成しているか?
それを感じとりましょう。


水晶の月の協力とは、分子同士が最大限の力で支え合っている水晶の構造を表している。

水晶とは、人間精神の完全な位置であり、水晶はすべてを包み込んでいる。


How can I dedicate myself to all that lives?



posted by AQUA MIXT☆水本 寛子 at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寛子☆体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック