2009年06月01日

マクロビスイーツ実習&お茶会☆御礼&感想

こんばんは!寛子です。
今日はスーパーで、大好物の枝豆の初モノをみつけてウキウキです。鹿児島産でした。夏を感じますね。

昨日開催しました、2回目の寛子のマクロビスイーツ実習&お茶会のレポ&感想を紹介させていただきます。
1回目のレポはこちら。
「誰でも簡単に美味しく作れる!シンプルマクロビスイーツ!!」をテーマに、2回に渡り開催させていただきました黒ハート

P5310053.jpg2回目の気になる4種類と、1回目とちょっと違う点は以下の通り。
1黒ゴマ豆腐アイス・・・豆腐と胡麻クリーム(黒ゴマ・白ゴマ)、メープルシロップ、甘酒を混ぜて凍らせたシャーベット状の濃厚なアイス。すりたての黒ゴマを添えて。
2おからケーキ・・・いつもお世話になっている近所のお米屋「百将屋」で頂いたおからの生地に、干しイチジクを混ぜて、腹もちのよいバーに。
3キャロットケーキ・・・前回と同じ。 4玄米プリン・・・前回と同じ。+寛子の実家で採れたミントを添えて。
(写真左:手前は玄米プリン、おからケーキ+キャロットケーキ)

P6010084.jpg(写真右:黒ゴマ豆腐アイス 黒ゴマ添え)
6名の参加者のみなさまと、マクロビスイーツの基本のご紹介から手順の紹介、そして実習はワイワイと楽しく進みましたるんるん

いつもサンキャッチャーでもお世話になっているRICAさんに、ブログ「+ANGELS support+ 〜天使のサポート」でもご紹介いただきました。

レシピの紹介に入る前に、白砂糖を摂取する時の身体に起こる弊害の話から、白砂糖や精製されたものを使わない、シンプルマクロビスイーツの素材の説明。

白砂糖の中毒性や恐ろしさは、意外に知られていないのです。
実は、白砂糖と覚せい剤の類似性は古代から知られており、ある国を侵略するために砂糖を輸出する、というアヘンと同じように麻薬として使われていたこともあるのです。

−白く精製された砂糖は脳の化学反応に強烈なインパクトを与え、一人の人間のなかにジキルとハイドの性格を作り上げる恐ろしい物質です。脳機能を正常に保てなくしてしまうばかりか、常用癖を引き起こすという点でも覚せい剤と非常によく似た、きわめて危険な物質です。−
「常識破りの超健康革命」松田麻美子著 より


「ナチュラルハイジーン」で知られる松田さんの著作。松田さんの訳書・著書に出逢ってから、今までの食の常識が覆り、食生活も身体の調子も大きく変わりました。こちらの話は、また別途記事にしますね。

今回ご参加いただいた方には、甥っ子や姪っ子が卵などのアレルギーを持っている、というお話をされる方も何人かいらっしゃいました。
ご感想を、紹介させていただきます。

寛子様
   
昨日の「マクロビスイーツ実習&お茶会」
とても楽しかったです。
   
お菓子つくりは一般的に手間がかかるものが多く、
「買っちゃったほうが早いじゃぁ〜ん♪」って思う
ものが多いのですが、本当に簡単に作れて
体にも優しくて感激しました\(^O^)/
 
白砂糖のお話も目からうろこでした!!
   
疲れたり、ストレスがたまっていると、ついつい
料理するのも億劫になり、コンビニとかで出来合いの
お弁当やお菓子を買ってしまうのですが、
これから、寛子さんに教えていただいたケーキを
常備しておこうなかぁ…と思っています♪
 
昨日、甥っ子と姪っ子から早速「おばぁちゃん家に
遊びに行きたい」電話がありましたので、おやつに
作ってあげたいと思います!!

心も体も満たされる、天使のスイーツを教えていただきまして
ありがとうございましたm(__)m
  
(Hさま 女性)
(続き 素材紹介&感想はこちら)


posted by AQUA MIXT☆水本 寛子 at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | AQUA MIXTへの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。