2009年12月29日

Cycles of Abundance 〜豊かさとお金〜 感想

こんばんは、潤治です満月SKC005.jpg
年末立て続けにワークショップを行っています。
年末のお忙しい中、お時間をつくってお越しいただけることに感謝しています。
先日行われた『Cycles of Abundance 〜豊かさとお金〜』 のご感想をいただきました。
お金との付き合い方を観ていくと、その人の深い部分に触れることになります。僕たちがどういう人生をおくってきたか、これからおくろうとしているのかがわかります。
「お金と感情」という面からもワークは行われました。
いったいお金を僕たちはどのように観ているのでしょうか。
潤治さん 寛子さん


今日もありがとうございました!

今日は本当にズド〜〜ンってきました(>_<)!

「豊かさとお金」
…なんかもっと生活ラクになるのかなぁ〜♪そんなことあるんなら嬉しいなぁ〜
なんて考えたりしてました(笑)


ワークに参加してみて…
とっても深いなって思いました。

今日の一番の衝撃は…
「お金の感情」です。
お金とは何かって真剣に考えた事はないけど、ただの紙きれとかコイン。って事もありつつ…、でも何か違う。何かそれだけではないものがある。

ってその辺で私の中でお金が「不思議な存在」って事になったのかなぁ?って思います…


普段、仕事でお客さんとお金のやりとりの中で感じていた感覚…私ちゃんと感じてたんですね!!

投げられたらむしょうに腹立つ!とか、折り目がギッチリで、その線にそって今にも切れそうなお金みて悲しいとか、心がギュッってなったりとか…お金がエネルギー発してたなんて考えてもみなかった。


全ての物に命があるとは思っているけど、お金も人や動物、植物みたいに感情あってこんなに影響受けてるんだ…って思ったら、愛しくなりました。
いかに自分が大事にしてないかもわかりました。


こうやってお金の感情を自分で感じると自然に大事に優しくできますね(^-^)


豊かさはお金だけでなく、同等のエネルギー…

 
なんかワクワクしてきました!(^_-)☆

今日も本っ当にありがとうございました!!
(H.T さま 女性)



潤治さま 寛子さま 本当に今日も盛りだくさんの時間でした。ありがとうございます。
帰りにスーパーに寄った時、レジで初めてお札なでなでして渡してみましたよ。

今日もたくさんたくさんの学びがありました。
それにしても、お金との付き合い方=異性との付き合い方 とは知りませんでした。

あ〜、もっともっとお金への感情を楽しく愛をこめて接しなくちゃです。

お金のことを含め、みんなそれにどんなエネルギーを載せるかで自分から発する流れが決まっていくのですね。
もちろん、お金も人に対する言葉、行動、まなざしまでも。すべてはエネルギーで事が展開していくんですねぇ。

となると、自分の心の中がどうなっているかがとても大切。自分がお金に、言動に、まなざしにどんなエネルギーを載せるか、目には見えないけど。
そしてこれはよく言われることですが、自分が出したものが帰ってくる。
このことは気持ちの問題としては、よく考えたりしていましたが、お金にも当てはまるとは。でも最後のメッセージと共に一万円札を渡すワークで、福沢諭吉さんがにっこり微笑んでいらしたようなので、やっぱりお金にも気持ちあるんだあ〜。と感じました。
物にも意思があるとは思っていたけど、お金にまで意思があるとまでは考えが及ばなかったんです。
またお金に対する気持ちのシェアでも、他の方の私が感じたことのない気持ちを聞くことができ、お金に対する私独自の思い込みがあることを認識できました。

「自分の人生に集中する」と必要な人はやってくる
ということを知ったのは大きな収穫でした。
最近「自分の人生に集中する」ことがとても大切に感じていたからです。


今日参加された皆さんも、無駄に自分の感情を飾らず、素直に表現される方ばかりで、とても私も本音が話しやすかったです。皆さん、ありがとうございます。

本音といえば、お二人のワークは、お二人を筆頭に、とことん本音のシェアが互いにでき、とても味わい深い、心からの笑い声が響き、満たされた空間が出来上がるのをいつも感じています。
大満足の心満たされ度120%です。
本当にありがとうございます。

たくさんの愛と感謝をこめて
(Y.S さま 女性)

タグ:豊かさ感想
posted by AQUA MIXT★水本 潤治 at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | AQUA MIXTへの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック