2010年04月21日

人生に起こったドラマは素敵な贈り物

こんばんは、潤治ですぴかぴか(新しい)DW078.jpg

中学生の頃、心理学に興味を持ちました。
人間って面白いなぁ…とか、人間って意外と単純なんだ…とか。
いろんな本に興味を持っては勉強してみたり、それが 「カウンセラー」 という職業として活躍の場があるんだと知ると…、もっと学びたい…、もっと人の心理を知りたい…という思いに駆り立てられます。

人はどんなときにどんな行動をするのか…
人の考えていることがわかれば…

表面的な好奇心は、こんな感じですが、深い意識ではこんなことを感じていたようです。
「なぜ、母は僕を裏切ったのか…」
小学生の頃、両親は離婚し、母親と暮らしたいと常々思っていたのですが、母はひとりでいることを選びました。僕はその時、“裏切られた…” というものでした。

深い意識で感じていたことに気づけたのは、そう昔の話ではありません。
親が子どもを裏切るのは、なぜ…。

この答えを知りたい…という動機が心理学を学びたいと思う僕の意識の深いところにありました。
「人はなぜ、裏切るのか…」
この答えを見つけたかったのです。
そういいながら、大切な人を裏切ることもありました…。

僕が心理学に興味を持ったのは、母や父との間で起こったドラマが関係していたのです。

「人の心の動きがわかれば傷つかないですむ」

という理由から学ぼうとする動機もありました。
もちろん人の心を見つめて癒すことができる幸せも動機としてあります。

しかしながら、人の心は光と影があると感じています。

   寺山修司さんの言葉で
   「人生の暗い部分を見ない人間には、その深さはわからない。」

とあります。

子どもの頃に見ることができた人生の暗い部分は、
僕にその深さをいつか理解してほしい…というメッセージだったのだと今は感じることができます。

いつか…

母のそうせざるをえなかった気持ちも
父のどうしようもなかった感情の動きも
人の心の壮大さを…

理解して欲しいというメッセージ。

「なぜ、人は裏切るのか…」という問いに対する僕なりの答えが見つかりました。

それは…

「人は裏切らない」 です。

一時的に裏切られたとか、だまされたと感じることがあったとしても、それは深いメッセージがこめられています、きっと。

いつか、その裏切りと一時的に見える体験の奥深くにあるメッセージを受け取ってください…
あなたなら、その人生の奥深さを理解することができるでしょう…と

私たち 人の可能性を信頼して送り届けてくれる神さまがいるんでしょうね。

そんな風に思うようになりました。

今がどんなに辛くても、受け取れないような人生のドラマがあなたに起こっているとしても、それは人生の奥深い素晴らしさを見出すチケットのようなもの…。

人生の深さを知る贈り物…
受け取る勇気は、あなたの中にも、僕の中にもあります。
posted by AQUA MIXT★水本 潤治 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潤治★体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック