2010年05月24日

潤治と寛子の出逢い…ライフワークに続く道(夜明けのレッスン)

寛子です。

先日知り合いより、以下の「フードマタース/〜栄養療法の最先端を探る」 上映会にお誘いいただいたのですが、残念ながら都合がつかず行けませんでした。
私たちが夫婦が取り組んでいる健康問題、栄養療法、ロー・リビングフードやスーパーフードのお話です。



私たち夫婦、潤治と寛子が交際期間なく電撃入籍をしたことを聞いたことがある方も多いと思いますが、具体的にどこでどんなきっかけで知り合ったのか、知らない方も多いと思います。

今から8年ほど前・・・

潤治は、カウンセリングや整体に栄養療法の可能性を模索していた時。

寛子は鬱の休職期間を経て復職後、薬は解決にならないことを実感して退行催眠や栄養療法など代替療法をもっと詳しく学び、周りの人たちに体験を役立てたいと思っていた時。

潤治は、カウンセリング学院時代の恩師から紹介された予防医学・栄養学を中心としたの健康セミナーへ。

寛子は、高校時代の友人から紹介された同じ健康セミナーへ。

AJ154.jpgお互いがライフワークにつながる何かを模索していた時、同じタイミングで・・・出逢ったのです。

同じセミナーで共通の知り合いを通して知り合った私たちは、「心と身体の健康」というそれぞれの将来のテーマが同じ。二人とも、予防医学や食の健康、栄養療法なども取り入れた心理カウンセリングに興味がありました。
意気投合するにの、時間はかかりませんでした。

今でこそ二人とも天使のセラピー、スピリチュアルなアプローチが中心になっています。
しかし、当時の私は大の天使好きでしたが、大好きな天使が仕事になるとは夢にも思わず・・・。


本格的に菜食を実践するようになったのはこの4年ほどですが、すでに8年以上前からそこに導かれる伏線や興味がたくさんあったのだと実感します。

二人の本棚には、当時から愛読している本がまさにこの「フードマスタース」で語られるような内容のものばかり。
食に限らず、日用品全般に渡るのですが・・・

二人とも当時から、そして今でも特に「食」や「栄養」に関しては熱いパンチのは、こういうわけだったのです。


ライフワークに続く道を何か見つけると、そこから急に人生が展開していくように感じます。
自分の人生の目的を歩むために必要な、人間関係や情報が引き寄せられていくようです。

8年前の春、私たちはお互いがライフワークのヒントとなるひとつのかけらを拾いに出かけたところで、出逢ったのでした。

ムードソウルメイトリレーションシップ☆個別レッスン【随時受付中】

これからソウルメイトと出逢いたい人には、ソウルメイトを引き寄せるワーク、
パートナーがいらっしゃる人には、今のパートナーとの関係を、深めていくためのワークを、個別にデザイン。



posted by AQUA MIXT☆水本 寛子 at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寛子☆体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。