2010年11月11日

いつの間にか封印していた、好きなこと(2)

寛子です。
PCに向きあう時間が、少しずつ復活中です。

aud0002-009.jpg先日の 『いつの間にか封印していた、好きなこと の続きです。

20年以上も忘れていた好きなこと… とは?

怒涛の半年を駆け抜けて、10月2日のメジャーデビュー記念ライブが終わり、
10月6日にメジャーデビューCDCDが発売されました。



やっと一息ついて、考える時間が持てました。

7月〜9月と必死な様相でレッスンに臨む私へ、歌の先生であるakiさんからの言葉。

「落ち着いたら、本当にやりたいことを考えてみたらいいと思うよ。
 J-POPを歌うこととか、本当にやりたいことなのかなぁ?」

半年前からサムライローズのレコーディング、ライブの為に歌のレッスンを始めた頃
毎日発声練習から始めて、肺活量を増やす呼吸をしたり…と、とにかく一生懸命でした。

IMG_0097.JPGそしてライブデビューでいきなりソロ曲を歌うことになったり、
スケジュール的にも、自分の動機を見直す時間が充分に取れなかったこともあります。


サムライローズの中にはもっともっと歌のうまいメンバーもたくさんいる中で
ソロのプレッシャーあせあせ(飛び散る汗)
(8月のライブと9月のライブどちらもソロ曲を歌いまして…)


メジャーデビューまで脇目もふらず突っ走った訳ですが、P9110047.jpg
歌を歌いながらも、
私は歌手に憧れていたわけでも、アイドルになりたかったわけでもなく…
(人前で歌うことが得意なわけでも、好きなわけでもなく…むしろ一人カラオケが好きというふらふら

サムライローズの想いに共感して自分の踏み出した勇気の一歩は、どこへ行くのか?
流れに乗るというよりも、流されているんじゃないかと思うことも度々ありました。


でも、ちゃんと勇気の一歩一歩を行動している先に、大切な宝ものに気付かせてくれます

Scan_Doc0003.jpg先月、サムライローズにCM出演のお話がありました。
そのCM撮影のために事前に練習したのは、クラシックの曲。

合唱で有名なベートーベンの第9や、イタリア歌曲などのさわりを練習しました。

そこで歌いながら、私の中で20年前の記憶がありありと思い出されてきたのです目

中学・高校時代、クラシック好きな友人と、音楽練習室でピアノを弾いたり歌曲を歌ったりしていました。
でもそんなこと、すっかり忘れていました。

ピアノは幼稚園から高校卒業までずっと続けていたし、
実家にグランドピアノがあるので、思い出す機会も多く、たまに弾くのですが…


歌に関しての記憶は、すっかり抜けていたのですダッシュ(走り出すさま)

音楽の先生にも気に入られて、色々と楽譜をお借りしていました。
そういえばコーラス部にはいつも勧誘されていて、すでに部活とクラブ活動の掛け持ちをしていたので断り続けていたのでした。

クラブには入らず、でもただ好きで、休み時間に友人と一緒に歌を楽しんでいたこと。
私の歌声が大きすぎて、校歌斉唱の時に有名になるほどかつては声量があったこと。
学校の合唱イベントには、積極的に手を挙げて参加していたこと。

おそらく大学受験のあたりで歌の優先順位を下げてしまい、それっきりになっていた気持ち失恋


そうそう、元々私はPOPSよりCLASSICAL MUSICの方が好きだったし、声の質もクラシック向きなのです。
自分自身も、クラシック曲を歌っている時はとても心地良くなります。

練習を経て、実際のCM撮影の現場は、女性が多い中での撮影。
女子校気分を味わうことが出来て、そして私に当時の歌う楽しさをたくさん思い出させてくれました。


忘れていた宝箱の蓋を開けたら、もうあっという間です。

さくっと今月から声楽のレッスンに切り替えました。
どちらにしても歌唱力の基礎は向上するし、今後のサムライローズの活動にも役立つでしょうグッド(上向き矢印)

久しぶりに楽譜を買って、ウキウキ気分です。
声楽の入門といえばソルフェージュ。
かつてピアノのレッスンでも散々やっていたので、今でも初見でかなりいけます。
「コンコーネ50番」ピアノで言えば、ハノンみたいなものかな?



そして、中学時代に音楽の先生がよく貸してくれた楽譜はイタリア歌曲でした。
20年以上経った今、また新しい気持ちでイタリア歌曲を歌います。



後日追加:出演したCMの動画です。
カメラテストで目立ったようで、一番にピンで撮られました(笑)


posted by AQUA MIXT☆水本 寛子 at 21:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 寛子☆体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつのまにか封印していた好きなこと。
私の場合はピアノで、今年の春ぐらいからいろいろなきっかけがあってまた弾き始めました。ブランクが長かったので今まさにハノンと格闘中です…。
忘れていた宝箱を開けるのには勇気がいったし、何よりさびついてなかなか開かないっ!
でも開けてよかった。ただ上手になりたい、という一心で一生懸命練習していたころのピュアな気持ちがよみがえってきて、大人になった私はなんて自分を自分を縛って制限してきたのだろう、と思いました。
今はピアノを再開できてとても幸せです(^^)

大学でピアノと一緒に声楽も習っていたので「コンコーネ」「イタリア歌曲」 とーーっても懐かしいです〜〜!
あまりに懐かしくて思わずコメント(^_^;)

Posted by H.K at 2010年11月12日 16:17
H.Kさま

コメントありがとうございます♪
ピアノを再開されたのですね。
私もたまーにしか弾かないので、ハノンは必須だなぁと実感します。

でも、宝箱を開けた後の喜びは格別ですよね☆

私は、声楽に興味ありつつこれは子供時代も封印していたなぁと思いました。ピアノの先生が、声楽家だったんですけどね。萎縮して習えなかったのかも。

趣味で音楽を続けられるって、豊かな生活ですね。

いつもありがとうございます♪
Posted by AQUA MIXT☆寛子 at 2010年11月13日 21:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。