2010年12月12日

かもかもテンションを使って、想像で創造しちゃえ!?

こんばんは。潤治です半月IMG_0688.jpg

日の入りの時間が早くなっています。
今日は、16時28分でした。
夕方、夕日とともに見えるお月さまはとても綺麗です。
夜空を見ながらのジョギングも、寒いですが気持ちが良いです。
寒さの中、外に出るとき…
自分への動機づけをします。
動機づけは、モチベーションとも言われます。

人が行動を起こすときに、いくつかのモチベーションがあります。
今日はその中のふたつをクローズアップしてみます。


■恐怖モチベーション

“○○しないと〜になっちゃうよ!”
小さい頃によく、母親に言われました…。
人の怖れや不安に訴えかけます。

ジョギングに行くために、これを使うと

“ジョギングに行かないと、メタボになって苦しむことになるよ”
“甘いものを食べたんだから、カロリー消費しないと太るよ”
“洋服が似合わなくなるよ”


といったところでしょうか。
こうなるとジョギングは “しなければならないこと” になってしまいます。

大人になるとこの “しなければならないこと” が増えるのはなぜでしょうか?

次に…

■夢モチベーション

AQUAMIXT で “かもかもテンション” と呼んでいるものです。

“ひょっとして、〜かも!”

わくわくした気持ちになり、精神や魂に訴えかけます。

ジョギングに行くために、これを使うと

“ジョギングをして帰ってきたら、作業効率が格段に上がるかも!”
“ジョギング中に、新しいアイデアが生まれるかも!”
“解毒が進んで、身体の体調がさらによくなって、パフォーマンスが上がるかも!”
“ジョギング中に、素敵な夜空に出合えるかも!”
“こうして、ジョギングを習慣にしているうちに身体が鍛えられて、
 さらに健康的な生活をおくれるかも!”


といくらでもあげれそうです。
こうすると、ジョギングはむしろ、 “せずにはいられないこと” になっています。
そんな楽しい未来が待っているのに、しないではいられない…といったところでしょうか。

なぜ、同じジョギングなのに、
“しなければならないこと” と “せずにはいられないこと” に分かれてしまうのでしょうか?

これは、想像力を前向きに使っているか、後ろ向きに使っているかに因ります。
簡単な理屈ですが、この想像力を使う心の筋肉を鍛えているか?が大事です。

いつも失敗することを…
面倒くさいことを…
無意味さを指摘することを…
自分を過小評価することを…

想像している人と、

どんなことでも有難いと…
自分はついていると…
意味のない楽しさを…
自分の可能性を勇気を出して信じてみようと…

想像している人と、

たとえば、どちらの人が “心の筋肉” を鍛えられるでしょうか?
お腹が割れているような腹筋も1日のトレーニングでできあがるわけではありません。

しかしながら、心のトレーニングは1日で “割れている腹筋” になると
思われることが少なくありません。

今、ポジティブに考えたり、それで自分を動機づけたりしている人も、
はじめから心の筋肉が“カチカチ”だったわけではありません。

けっして、生まれつきでも、環境のせいでも、両親のせいでもなく…、
その心の筋肉は、毎日、少しずつ…
どの方向に想像力を使うかで、養ってきた賜物なのです。

ジョギングに行くとき、いつも考えます。

1年後の自分が、今の僕にお礼を言って手を差し伸べています…。
“ありがとう、本当、ありがとう。君のおかげだよ。”

その未来の自分に、今の僕は、
“どういたしまして、僕のおかげでしょ?”
と握手を返せるだろうか、その選択を僕はしているだろうか…。

夢モチベーションと かもかもテンションは、
ひとりで “心トレ” するのに役に立ちます。

成長するときはいつもひとりのとき。
ひとりで選択するとき。
それは楽しい瞬間。楽じゃないかもしれないけど、楽しいとき。

★年末WS第3弾★
 「引寄せ発動!かもかもテンション講座」 29日(水) 10時〜14時半 聖ヶ丘
理想の現実を引寄せるために、力を抜いた引寄せのコツを共有しましょう。
かもしれない…と思ってみることであなたの中の怖れや不安が軽減されます。
かもかもテンションで、いろいろなことをイメージすることで、
あなたのワクワクセンサーが動き出します。


かもかもテンションについての記事はこちら…


posted by AQUA MIXT★水本 潤治 at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潤治★体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック