2011年01月13日

今の私に必要な過去生の課題〜過去生を癒す〜

こんにちは晴れ
まだゲホゲホしてますが、コタツから出られない寛子です。

お待たせしました。
突然の原因不明の痛みの訳は?〜過去生を癒す〜 の続きです。

突然襲われた、身体を締め付けるような痛み。

IMG_1146.PNGAQUA MIXTの天使のコース"Peace of Angels"上級編(1月9日開催)の中で
過去生リーディングの実習の前に、潤治が私の過去生をリーディングするというデモンストレーションを行ったお話です。

さて、過去生リーデイングでは、過去繰り返している転生の中でのある人生を見ることが出来ます。
しかし、まだ地球に生まれてから転生をしていない人は過去生が見えなかったりするんですよ。

転生が多い人は過去生も多いのですが、過去生リーディングのポイントは1つ。

「今のその人が抱えている課題を解くために必要な過去生が見える」


今に生きるために必要な過去生の情報をお伝えする、ということなので、
「私は過去生で、ナンだったんでしょうexclamation&question」という興味本位な質問には、お答えしかねます。

過去生リーディングでは【情報】として、現在の課題に関係のある過去生の出来ごとや状況、幼少期の体験などをお伝えし、その記憶を解放することが出来ます。
この時に、癒しが起こることも多々あります。

過去生リーディングのデモンストレーション。
潤治がゆっくりと目を閉じ、私の潜在意識に集中を始めました。

「今の寛子に必要な過去生は・・・」


「う〜ん、たくさんの女の人が見えるよ…
 とても悲しい感情が伝わってくる・・・
 結構、昔だなぁ…、修道院みたいな感じ。皆、同じ服装をしている…。」

時代は1500年ほど前、中近東の小国での話のようです。

過去生リーディングでは、時代や場所を特定できることもありますし、
特定しにくい(もしかしたら一般の歴史では知られていないこと)かもしれません。

「その中で、ひとりだけ服装が違う女の人が…、それが寛子かな…。
 灰色の服装の修道女の中で、ひとりだけ白い服を着ているよ。」

ひとりだけ、違う服をしているその時代の私。

大勢の人の前に立ち、話す立場だったようです。
多くの人に自由を説く、民主化運動の活動家のような・・・

「う〜ん、云いづらいけど…、
その白い服装の女の人は縄か何かで縛られている…。
皆に糾弾されているような感じだなぁ…。
ひとりで何か説いてたんじゃないかな、この頃の風潮に背くようなこと。」

その国の権威から、その存在を疎ましく思われ
嵌められ、捕まってしまったようです。
縛られている苦しさは、今感じているものと同種でした。

「女の人たちが全員で寛子に石を投げたりしているね…
縛られているから、何もできないでいるよ、寛子。」


このリーディングを聞きながら、私の上半身はますます苦しく、ぐったりと壁にもたれかかってしまいました。

普通の過去生リーディングでは、体感覚まで伴うことはほとんどないのですが…
すでに、ぐるぐる縛られるような圧迫感も感じていたので、それがますます強く感じました。
過去生で縛られ獄中で亡くなった痛みが、こうして今の私にもぐるぐる巻きついている・・・

この過去生から、今の私へどんなメッセージがあるのでしょう。

諦めないで、人とコミュニケーションを取ること。
目立つことを、怖れないこと。

多くの女性の中にいても「攻撃される」という怖れは癒されていき、自分は愛されているんだという事に気付くこと。

私の心の奥底に、どこかで人に裏切られるのでは?という疑心や不信感があるのも事実でした。IMG_1287.JPG
どうせ言っても無駄だ・・・という諦めもどこかにありました。

女性が大勢いると
「攻撃されるのでは」「目立ってはいけない」
と、とっさに思うことが常でした。

そしてリーディング中、この気付きがあったところで、ふっと身体を縛り付ける痛みが楽になったのですexclamation×2
私の過去生の痛みが、癒された瞬間でした。
原因不明の痛みは、過去生の癒されていない痛みだったのです。


「過去生リーディング」では、
過去生で起きたことや今の課題にどう関係があるのかをお伝えしていきます。
その中で記憶の解放が起こり、トラウマが癒されたり、原因不明の恐怖や不安感が解消されたり、こうした痛みが無くなったりするのです。


私の過去生では、真理を説きながらもその時代、その国の権威に受け入れられずに迫害をされるという人生が何度かあったようで、少しずつ一つずつ癒して進んできています。しかし、まだまだあるものですね。

私がライフワークを歩む上では、
 ・コミュニケーションを通して発信し続けること
 ・目立つことを怖れず人前に立つこと


どちらも避けては通れないものなのですが、魂が導かれるに従い、抵抗が強く出ることも多々あります。

今回もその自分の潜在意識の深い部分の抵抗の表れでした。
そして、上級レッスンでその記憶の解放を参加者に赤裸々に見せる、ということも役割としてあったのですね。

魂の成長の階段は、まだまだ続くようです。


あなたの無意識の心の中のブレーキを探りませんかexclamation&question 過去生リーディングや退行催眠のセッションを行っています。
いす対面セッション

Q.過去生リーディングをお願いするか、前世療法を受けるかで迷っています。どちらがよいでしょうか?
前世療法とは?寛子の体験談「夜明けのレッスン」より
退行催眠(ヒプノセラピー/前世療法)を受けられた方の感想はこちら


posted by AQUA MIXT☆水本 寛子 at 16:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寛子☆体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。