2011年08月12日

ゴーヤの季節☆みどりのカーテン

夏真っ盛りsdscf1477.jpgですね晴れ
夏大好き黒ハートAQUA MIXTの寛子です。
節電のため(というより例年ですが)、家では冷房無しで過ごしています決定

先日、西早稲田(新宿区)に住む母方の祖母(92歳)を訪ねました。

祖母の家には、今流行の「みどりのカーテン」がありました。
部屋は冷房掛かっていたけど、冷房効率も上がりますね。

新宿区では、新宿「みどりのカーテン」プロジェクト
というものを毎年行っていて、住民にゴーヤの苗などみどりのカーテン一式が無料で配られるのですって。
(その代わり、育成レポートを提出するそうです。)

大きくならない小ぶりの種類のゴーヤが、1階から2階まで、見事に成っていましたグッド(上向き矢印)

そして収穫したゴーヤをお土産にいただきました。

ゴーヤと言えば、昔はゴーヤチャンプルばかり作ってハマっていましたが…

・ベジタリアンだから 豚肉・卵を食べない→ゴーヤチャンプルは作らない
・ローフーディストだから、なるべく加熱せず酵素をそのままのレシピでいただきたい

unnamed.jpgということで、生のまま酢漬けにするピクルスにしましたるんるん
先日打ち上げで行ったお店で食べた色々なお野菜のピクルス、ゴーヤも美味しかったのですハートたち(複数ハート)

これ、かなり大きな瓶なのです。
どどーんと、たくさん作りましたよ。

苦みと酸味のハーモニーが、夏の暑い日に何とも美味しいですexclamation

今回のレシピ
ゴーヤ 小ぶりの3本(瓶に入る分量で)
黒胡椒 少々
乾燥唐辛子 1本
ローリエ 1枚
米酢 1カップ 
水 1カップ
てんさい糖 60g
塩 小さじ1

1.米酢以外の調味料と水を鍋に入れててんさい糖などが溶けるまで火にかけ、最後に米酢を混ぜ合わせてから火をとめる。
2.1の調味料は冷まして置く。
3.ゴーヤを洗って中の種と綿を抜き、塩もみをする。
4.煮沸済みの瓶にゴーヤを入れ、そこへ冷めた調味料を流し込む。冷蔵庫で一晩以上寝かせば出来上がり。

※美味しくいただくコツは、ゴーヤを薄くスライスすること。
味がしみやすく、30分〜1時間漬けるだけでも副菜になります。

祖母のうちを訪ねて、真夏日の中で涼しげに繁るゴーヤを見ながら、
夏休みは毎年、弟と2人だけで祖母のうちに泊まりに行ったことなどを思い出しました。
私が幼少の頃からあった扇風機が、まだ健在だったことに驚きました台風

大きな病気もせずボケもせず、未だにテニスや旅行に町内会にと、とてもアクティブなおばあちゃん。
いつまでも元気でいて下さいハートたち(複数ハート)

今度はゴーヤのレシピを色々試して、紹介しに行こうっと。


posted by AQUA MIXT☆水本 寛子 at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寛子☆体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック