2012年04月06日

たのしくたのしくやさしくね、ベジー生活

こんばんは、ベジタリアン生活をして自然を身体に取り込む潤治です。P6010071.jpg

AQUAMIXT のベジー生活をブログで見て
実際に講座やレッスンに出られて、
その生活や姿勢を参考にされる方々は少なくありません。
僕たち夫婦のベジタリアンであることへのスタンスと考え方がありがたいことに受け入れていただいている証拠です。
僕たち夫婦は、ベジタリアン、ローフーディストであることが目的ではありません。

P6010072.jpgなので、ベジタリアンであるために、楽しめない状況は作りませんし、自分や他人を裁くような姿勢もありません。

食べたいと感じる時は、鶏肉料理、お寿司も食べますし、魚介類のパスタ、生クリーム、砂糖たっぷりのスイーツ、添加物の多い市販のお菓子も摂ります。

ベジタリアンはこうあるべき!こうしなくっちゃいけない!
という厳しいルールを自分に課して、自分や他人を裁いてしまうという悩みでご相談に来られる方もいらっしゃいます。


お肉・乳製品食べちゃった…と罪悪感に苛まれ、
ベジタリアンでいることが苦しい試練のように感じてしまう人もいます。

せっかく、健康になるためのひとつの手段である食事が、
目的になって苦しむのであれば、それは本末転倒のように感じます。

ベジタリアンであることや、ローフードを食すことを
何のために、使おうとしているのか?


を見つめていくと、苦しまずにいられるかもしれません。

ベジタリアンであること、ローフードを食すことの利点やその効果について
語られることは多いですが、その危険性を語ることがあまりないように思います。
物事には表と裏、光と影があるように…。

AQUAMIXT では、その危険性も同じくお伝えしています。

・ベジタリアンになることで、肉・魚を食べる人を差別してしまう

・たまに食べることになる肉や魚を感謝することを忘れてしまう

・ベジタリアンである知識をより生活に活かすのではなく、
 他人を批判するために使う

・世の中は間違っていると運動を起こしてしまう(反対運動)

・自分の中にある矛盾に蓋をしめ、感情的なバランスが取れなくなる

・違いに寛容でなくなり、排他的になる


ひょっとしたら、あり得るかもしれないことを羅列してみました。

もちろん、効果や利点もあります。

野菜の味がわかるようになる

病気や何かの症状が緩和される

自分の身体が受け継がれることを知る

感情的に穏やかになり、人や自分に優しくなる

日本古来の食事の素晴らしさを見直す

自然に健康になれる習慣を身につけることができる

食事がとても楽しいものだと心の底から伝えられる

健康が、人生を楽しむ手段のひとつを伝えられる


…などです。

健康は人生を楽しむために必要なものだと思います。
その健康を作り出すために必要なもののひとつに食事があります。


ベジタリアンやローフーディストでなければ、健康でいられないと
自分に何かを課すとしたら、本当の目的を忘れています。

人生を楽しむために、自分の好きなことを思いっきりするために、
身体を強靱にしておきたい、頭脳を健全な状態にしておきたい…

と考えるのではないでしょうか?


なので、健康ブームだから・人に言われて義務感・注意されるから…、
といった思いなら、心の底から健康でいたいと思えるまで、
不健康を貫いてもいいのかもしれません。

人生をさらに楽しむために
どうしても健康でいたいと思える自分になること

が、知識や勉強よりも大切なように思います。
4月29日(日) 10時半〜15時
体と心を浄化するベジ料理&マクロビ(ロー)スイーツ

マクロビオティックの陰陽論に基づいた料理方法「重ね煮」
共有する潤治のデトックスランチレッスン。


白砂糖・バター・精製された小麦粉などと使わずに、
独自の視点で身体に良い食材を、簡単で美味しくしてしまう
寛子のマクロビスイーツ(天使のスイーツ)

御一緒できることを楽しみにしております。


タグ:ベジー生活
posted by AQUA MIXT★水本 潤治 at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潤治★体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック