2013年01月23日

果てしなく遠い換「金」ならぬ、換「時間」。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。
WallpapersHD-352
マタニティライフを寛子とともに過ごす潤治です。

日の出から日の入りまで、この時期はあっという間に1日が過ぎていきます。
妊婦のリズムがそこに加わってくるので、就寝は早いです。

いろいろとやりたいことがあり、
ぎゅっと濃縮された時間
にしようとしても、自然のリズムは思うようにはなりません。

ぼんやりする時間、気持ちを緩ます時間、何もしない時間が自然のリズムでは必要なのかもしれないと思い始める妊婦生活です。

効率を追求し、急ぎたくなる自分を見つめ直す機会にもなり、

どうしてそんなに急ぐのか?
一番大切なことは何なのか?
誰のためにやっていることなのか?


と自問自答しながら、時間を感じています。


さまざまな時間を感じていると、
その時間は誰のために存在するのだろうと考えるようになります。

自分のための時間?
家族や友人のための時間?
これから出会うであろう人たちのための時間?


自分の時間は分かりやすいですね。

映画を観て楽しむ、エステに行って自分磨き、美味しい外食を楽しむ、
飲み会・パーティーで陽気に騒ぐ、自分にご褒美…など


自分を元気にさせたり、動機付けさせたり、陽気にさせたりする時間です。
時間をすぐに自分にとって役立つものと交換できるので、
即効性も期待でき、満足感も高いですね。

時間をすぐに「意味あるもの」に交換できるわけです。

そして、家族や友人のための時間ですが、
これは「自分の時間」よりはリターンが遅いかもしれませんね。

すぐに「意味あるもの」とはならないかもしれないからです。

家族のためにご飯を作っても、(家族は)食べて帰ってきた。
友人のためにプレゼントを探したけど、喜んでくれなかった。
家族のため、友人のために調べものをしたけど、見つからなかった。

炊事・洗濯などをすることも家族のための時間です。


その場でいつも感謝される人はラッキーです。
でも、いつもいつも感謝されることは希かもしれません。

そうして、時間がすぐに「意味あるもの」にならないこともあるので、
自分のために使う時間よりも、損をしたような気持ちになるかもしれませんね。

あんなに家事を頑張ったのに〜!
友人のために、いろいろと思い悩んだのに〜!
すぐにありがとう!と言われたい!


と叫びたくなることもあるでしょう。

そうなると、これから出会うであろう人たちのために…
となると気が遠くなりそうです。

10年満期の口座に「時間」を預け入れるような気分でしょうか。

意味があるかどうか分からないけど、やってみたかったことをやる時間
すぐに結果が出ないかもしれないけど、 学ぶことや気づきを得ようとする時間

やらずに後悔していたことを勇気を出してやってみる時間
今からじゃ遅いと人に言われながらも、自分を試してみる時間

→迷っている人に出会ったときに勇気づけることになるかも

生産性がないように思え、誰の役に立っているのかわからなくなる家事の時間


→数年後、数十年後に感謝されることになるかも


これらの時間はすぐに「意味あるもの」として交換できないかもしれません。

10年満期どころか、数十年満期のように感じることもあり、
果てしなく遠い換「金」ならぬ、換「時間」 となります。

今すぐには交換できないものに「時間」を費やすこと…

あなたはどう思いますか?

その時間がきっと、
すぐに交換できたものよりも価値のあるものとして
あなたの目の前にやってくる可能性もあります。

時間の投資 ですね。

いつかそのあなたの時間の使い方に感謝する人がいます。

それは家族・友人、これから出会うであろう人たち、

そして、未来の自分もそのひとりかもしれません。

「あの時、その時間の使い方をしてくれて、本当にありがとう。」

…と言われる時間の投資を意識してみると、

時間のかかる満期の口座に預け入れをしてみてもいいかな?

…と思いませんか。

時間をすぐに「意味あるもの」に交換するのもいいですが、

果たして意味があるのだろうか?

と思えるものが

いつか「意味あるもの」に変わることを信頼する人生も楽しいかもしれませんよ。

思ったほど、満期までに時間はかからない可能性もありますもの。

素晴らしい時間の投資を…。
posted by AQUA MIXT★水本 潤治 at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潤治★体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック