2014年05月06日

お産はスリリング!(8)急かされる予定日後☆妊娠10ヶ月以降(40週)

妊娠・出産は人生観を変えた
AQUA MIXTの水本寛子です。
マタニティ写真
女性の身体・健康・医療問題・スピリチュアルな課題など、多岐に渡る学びを発信していきますね。

もうすぐ娘の小葉(このは)も、満1歳を迎えます。
ちょうど1年前、2013年のゴールデンウィーク、出産予定日を迎え、前駆陣痛がいつ本陣通になるのかとドキドキしていました。

出産のあらすじは「お産はスリリング!(1)最高のお産」
前回の記事は、「お産はスリリング!(7)予定日まで(39週)」

出産予定日の5月5日が過ぎ、すっかり前駆陣痛も遠のいてしまってから、陣痛付けのための日々。
なかなか書きすすまずにいたらもう1年前の話になりました、体験談です。

■5月6日(月・振替休日)
ゴールデンウィーク最終日

前駆陣痛(生理痛並みの鈍い痛み)もなくなり、ただただ夫婦共にのんびり過ごす。
身体を温めるため、自宅で腰浴。
予定日まで、いつ生まれるかと夫婦共に緊張し過ぎたのかもしれない。
ちょっとゆっくりしよう。
一体、あなたは何日に生まれてくるの? 胎話で聞くも、お返事無し。

「助産師さんの手の空いている時に、明るい日中に生まれてきてね」


とお願いしていたので、お産が続いていたゴールデンウイークを避け、タイミング待ちのようです。
お産が遠のいた感覚の一日。

一方で予定日を過ぎたことで、怖がっている自分に気づく。

以前、分娩説明会でBe born助産院の院長たつの先生が話していた

「予定日を過ぎたら、土屋さん(提携先産婦人科)では
 『卵膜刺激』っていうのをするんですよ」

という言葉が印象に残り、「卵膜刺激(卵膜剥離)」でウェブ検索すると、体験者の声で
「とても痛かった」という経験談が多くあり、ビビッていたのです。
アーユルヴェーダの体質論ドーシャで、ヴァータ体質の人は、痛みに弱いという特徴があります。
私は典型的な、ヴァータ体質。うう、怖いよ・・・


■5月7日(火) 府中の森 土屋産婦人科 40週健診

予定日を過ぎたら受診するように言われていたことと、助産院から「なるべく早めに受診して、結果を教えてください」と言われていたため、ゴールデンウイーク明け直ぐに予定日超過検診。
痛かったらどうしよう・・・とビクビクしながら、いつものように診察を待つこと1時間ほど。

内診では、子宮口の開き具合と柔らかさから、いよいよ出産に向かっているかをチェックするのですが、
あっという間に終わってしまい、痛みも何も感じる間もなく・・・

忘れてました。
土屋先生は、産婦人科医として名医であることを。
卵膜を刺激してくれたようですが、あまりの神業に全く痛くありませんでした。

そして子宮口は開いていない、子宮頸管はまだ固いとの診断をいただきました。
5月2日のあのおしるしは、なんだったのだろう・・・
一般的にはおしるしから24時間以内に本陣痛ですが、1週間掛かる人もいるといいます。
私も、その例になりますか。

マタニティ写真初産だからか、冷えやすい緊張しやすい体質だからか。
私の身体の準備を待ってくれているのでしょう。

妊娠も全く予想していなかったときのサプライズだったことを考えると、はやり最後までその路線で。
出産日の予測もコントロールも手放して、委ねることを教えてくれているのですね。

とは言っても、世間的には予定日を超過すると、出産までやたらと急かされる印象があります。

Be born助産院へ報告。
助産院での出産可能な時期は制限があり、予定日+1週間までだったかと記憶しています。
早過ぎても遅過ぎても、病院のお世話になるのです。

「とにかく身体を温めて下さい! 酵素風呂にも行って下さいね。
 それから、ヒーリングゆうさん(マタニティ鍼灸をしてくれる提携先)にも行って陣痛付けして貰って下さい」
と、一通り出産に向けてラストスパートの指示が出ました。

タイミング良く、翌日に両方の予約が出来て、
酵素ラボ@祖師谷大蔵→ヒーリングゆう@千歳船橋と隣駅なのでハシゴも楽チン。


■5月8日(水) 酵素ラボ マタニティ鍼灸@ヒーリングゆう

午前中は酵素ラボへ。
「まだ生まれないので、また来ました〜」

毎回出産前は最後かな?と思いながら通っていたのです。
店主さんとお話していたらお店には月齢カレンダーが掛かっていて
「次の新月、10日あたりのような気がする」と言われました。

連休中に毎日、今か今かと気合いは入りすぎて疲れていた私は、その辺には生まれてきて欲しいなぁと、ぼんやり聞いていました。
もう、いつ?と考えることも手放していたので。
結果的に、この予想は的中だったのですが

午後は一駅歩いて、マタニティ鍼灸の「ヒーリング」ゆうへ。
実は私、人生初の鍼灸体験でした。
予定日前もマタニティ鍼灸を受けに来れば良かったのでしょうね。結局予定日超過して「陣痛付け」という聞くだけでもちょっとドキドキする名前のメニュー。

初めての鍼灸院での体験は、学ぶことがたくさんありました。
さすが、たくさんの妊産婦さんを相手にしているだけあって、経験と知識が豊富でした。

(次回「お産はスリリング!(9)安産のためと思ったことが・・・☆妊娠10ヶ月以降(40週)」に続く)


posted by AQUA MIXT☆水本 寛子 at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寛子☆体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。