2014年10月13日

ライトワークス「エンジェルサロン10月」夫婦で担当!

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。

AQUA MIXT 潤治です。

いつもお世話になっておりますライトワークス主催のイベントに夫婦で講師として参加させていただきました。
小葉は寛子の実家でお留守番をしていてくれて一緒にイベントが良いものになるように祈ってくれていました。
IMG_1373.JPG
多くの方からのお申込みがあり、受付数も増やして下さってのサロン開催となりました。
本当にありがたい限りです。

2時間というAQUA MIXTのレッスンでは、短い時間の中、
オラクルカードへの思いを皆さんと共有していきました。
もちろん、レッスンですので使い方を通して、各人のシックスセンスを磨いていきました。

オラクルカードの基本から、ワンカードリーディング、セルフリーディングと共有していきました。

AQUA MIXTからお伝えしているエッセンス。

「天使のメッセージは生もの、鮮度が大切!」
「直感は出せば出すほど通りが良くなる」
ということで各人が目の前の人を30秒ずつでメッセージを伝えていくワークや、
映写機を使って皆さんでメッセージをポンポンと出していくワークをしました。
IMG_1381.JPG
このメッセージで良いのだろうか?という考えが追いつかないくらいのスピードで、
次から次へとリーディングメッセージを伝えていくので、
天使のメッセージを受け取りやすかったようです。
IMG_1396.JPG
そして、それを人に伝えることで、「やっぱりこれで良かったんだ。」と確信が高まります。
「やっぱり」貯金が増えることで自分自身のリーディングに自信がつきます。

参加された方々には、脇汗をかかせてしまったかもしれませんが、
自分ではそういった状況に身を置くことがないですから、
効果的なワークだったと感じます。

オラクルカードを知らずにパートナーの方をご一緒に男性の方もいらしてくれて、
オラクルカードリーディングを楽しんでいました。

オラクルカードリーディングに大切なものは、何より…
「楽しむこと」 と常日頃から思います。

しかしながら、楽しむことから少しずつプレッシャーを自分にかけて、
またはその神聖なオラクルカードと自分(自己矛盾)とのギャップに苦しみ、
自分自身のリーディングがどう思われるだろうと不安になる、など
こうした「自分向きの感情」は、とても直感を鈍らせます。

そういった怖れ・恥などを超えた「相手に貢献したい気持ち」「感謝の気持ち」を
リーディングにのせるワークだったかと思います。

エンジェルワーカー オラクルカードセラピスト養成講座では、
リーディングをセラピー品質にしていきます。

リーディングを届けるために、共有するために必要なものはコミュニケーションです。
それは自分自身とのものもありますし、他人とのものもあります。
その内側・外側のコミュニケーションが自分で理解することができ、
表現することができればあなたのリーディングはいっそう素晴らしいものになるでしょう。




posted by AQUA MIXT★水本 潤治 at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潤治★体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。