2014年12月04日

僕の「愛せているという満足感」のために君は存在した

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。

AQUA MIXT 潤治です。
愛を解き放つ
12月になり、いっそう街のイルミネーションが目映くなりました。
街、アピールするなぁ〜と思わずにはいられません。

クリスマスソングがこれでもかと流れています…。

クリスマスソングと言えば、あなたは何を思い出しますか?

「クリスマス・イブ」 山下達郎
「ラスト・クリスマス」 ワム!
「恋人たちのクリスマス」 マライア・キャリー
「ハッピークリスマス」 ジョン・レノン
「サンタさん」 ももいろクローバーZ
「いつかのメリークリスマス」 B’z
「クリスマスキャロルの頃には」 稲垣潤一
「WISH」嵐
「ゲレンデがとけるほど恋したい」 広瀬香美
「ママがサンタにキスをした」 ジャクソン5
「DEPARTURES」 globe

…などなど、まだまだありますね。

KinKi Kids の「愛のかたまり」が頭の中でリフレインする僕です。

昔、デートの時はCDを借りてきてはクリスマスソング集のカセットテープを編集し、車で流していたものです。46分テープか60分テープ、迷っていた頃が懐かしいです。手動リバースでA面→B面にしていました。

そして、助手席の彼女の趣味が洋楽とは知らずに、
車中で永遠と「恋人がサンタクロース」を流す僕。
後々、その曲が彼女のトラウマになっていたことを知りました…。
「あれ、聞くと潤治を思い出すから嫌!」的な。

僕、愛せているなぁ〜と自己満足をしながら彼女をデートに誘ったり、
流行りのお店に連れていったり、プレゼントを贈ったり…
と相手が本当に喜んでいたのかは振り返ると疑問です。

たしかに嬉しかったのかもしれませんが(それもあやしい…)
それが相手が思う「愛されていると実感すること」ではなかったかもしれません。

以前、彼女が出張から帰ってくると必ず「梅かつお」をお土産として、嬉しそうに僕に渡してくれたのですが、梅もかつおも嫌いだった僕にはとても憂鬱なプレゼントでした。

嬉しそうに渡してくれる彼女の姿をありがたく思って御礼を伝えていました。
その御礼とは裏腹に未開封の梅かつおの瓶が冷蔵庫にいつまでも居座りました。

「潤治は梅かつお、喜んでくれるから。」

という彼女のモチベーションになったいたら、
僕の態度はとても誤解を招くものだったと思います。

嬉しいけど、それが愛されているという思いにはならない…。
僕が愛されていると感じるポイントをきちんと相手に伝えていないことがいつまでも「愛し方のすれ違い」になって、時には喧嘩になることもあるのでした。

「本当はねぇ、梅かつお、全然嬉しくなかったんだからねッ!」
と、相手を傷つけるための切り札になってしまうという始末。
「愚か者」な僕です。

それは寛子と結婚してからも続き、お互いの「愛し方の違い」を理解し合わずに
ドッチボールのようにお互いの愛をぶつけていたのでした。

まさか、お風呂場に歯磨き粉をつけて僕の歯ブラシを置いておくことが僕にとっての「至上の愛を感じる瞬間」だとは寛子は思いもしないはずです。
また、いつでも感じたこと、経験したことを共有し合うことが寛子にとってのそれとは僕には思いもしなかったのでした。

自分がされて嬉しいことを相手にもする…
という行為はひょっとしたらすれ違う機会になるかもしれません。

詳しくは、今回、癒しのポータルサイト「ココリラ(COCORiLA)」にて連載している
「パートナーと紡ぐスピリチュアルな学び」では、寛子がそのことについて書いています。
「押し付け愛から愛し上手へ」

パートナーと紡ぐスピリチュアルな学び

相手を理解することよりも、相手と理解し合うことのほうが大切ですね。
それには自分がこう思っていると伝える勇気も必要です。

言うまでもないと思っていることで自分が知らないうちにストレスが溜まっていくとしたらパートナーシップのエネルギーロスです。

コミュニケーションは相手を理解することではなく、
相手と理解しあうことだ  
― ジュンジ・ミズモト (日本のセラピスト 主夫)



posted by AQUA MIXT★水本 潤治 at 05:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潤治★体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。