2014年12月24日

その人のありのままを受け入れる〜スピリチュアルの光と影

その人の持つ光と影を統合するお手伝いをするエンジェル・セラピスト(R)
AQUA MIXTの水本寛子です。

昨日の記事「スピリチュアルリーダーの在り方とは?〜スピリチュアルの光と影」の続きです。
前の記事の最後で、マザーテレサの言葉を紹介しました。

「私は反戦運動には参加しません。でも、平和のための活動になら喜んで参加しますよ。」

私自身を戒める言葉でもあります。

今回は、私自身のお話をしますね。

転生の多いアースエンジェル、特に賢者は人に対して「こうすれば、良くなるのに!」という気持ちを抱きやすいです。
多くの転生の中で、人がスピリチュアルな学びを深めてよりよく生きるためにどうしたらいいのか、経験を積んでいるからです。

そしてその道から外れているように見える人を、
「違う!そっちじゃない!」
と首根っこつかまえて正したくなってしまう。
その人の選択を、正しい・間違っているで判断しがち。
つい自分の方が正しい道を分かっているから、教えて修正してあげることが愛だと勘違いする。

正論で相手をやり込める。
さらにエスカレートすると、反対派になる。

さて、この中にどんな恐れがあるかというと…
もう人類を救えない、目の前の人を救えないなんて場面を見たくない!
自分の無力さ、無意味感を痛感したくない!
人類がまた同じ過ちの道に進むなんて…

賢者は正義感が強いですが、また絶望もしがちです。

転生の中で多くの人類の歴史を見てきただけあり、人生の目的に進むときに、恐れも大きいのです。

そしてまた、スピリチュアルな真理を説こうと思うと、過去生で迫害された記憶も邪魔します。

私が天使の仕事を主にする前、実はたくさんの葛藤がありました。

スピリチュアルなことをメインの仕事になんか、出来るわけない。
企業相手に仕事して稼いで、休みに裏稼業でリーディングをしようか…

本名は使わないほうがいい?
写真をホームページに載せるなんてあり得ない!なんか得体の知れない恐怖感!!
ドリーン・バーチュー日本公式サイトに、プロフィールを載せるなんてなんだかすごく恐ろしい…
でも、恐いからやめるのではなく、その恐れと向き合い、癒してきました。
その時どれだけ、親しいセラピストの仲間、友人のお世話になったでしょうか。
友達というより、魂の家族という感じですね。

私の過去生は、魔女狩りもあれば権威からの迫害、同業者からはめられ濡れ衣を着せられる、などがあったようです。

今でも、恐れはついて回ります。

ライトワークス主催のエンジェルパーティで、「スピリチュアルの光と影」というテーマで話すことにしたものの・・・
スピリチュアリティの本質を語ろうとすると、恐れも出やすいです。

本当のことを話すと、危険と見なされて誰かにはめられる。

これが私の中の根深い恐れです。

しかもこの業界で、過去生で私をはめた人に出逢ってしまいました。
もう出逢いは7,8年前ですが…
出逢ったその日から、得体の知れない気持ち悪さを感じました。
その人を通して、裁きやら怒りやら、いろんな感情と向き合わせてもらいました。

私の中の恐れを投影した人だったのですね。
私の中の恐れが癒されると、不思議とその人の存在が感じられなくなる距離感になります。
また次の恐れと向き合うときがくると、またその人の噂を聞いたりと存在を感じる距離に。

お陰でいろんな感情を癒すきっかけとなり、最初に感じたその人への「なんで、こんな嘘をつくの!」という怒りも手放せてきました。

その人も恐れを抱えて、精一杯やっているんだな、とか。
愛を求める叫びが、こんな行動になっているんだな、とか。

冷静にありのままのその人を見られるようになってきました。
でも、決して仲良くなりたいとは思わないですけどね・・・。

天使にもなんども尋ねました。

「また過去生のように、陥れられたらどうしよう?」

でも天使は、今回の人生ではそんなことはないし、スピリチュアルという言葉を使っていても対極に進む二人だから、無理して交わる必要もない、と繰り返し伝えてくれました。

この数年、物質主義(商業)的に、数値に現れる部分で、いわゆる成功をしていったその人。

私がそうなりたいかというと、その人のやり方は私の魂が喜ばない・・・と感じて、やはり真逆の道なのです。

私がこの人生で実現したい真の豊かさは、物質主義的な数値化は出来ない別のもの。

改めて自覚するのです。

ただ、求めているものが違うだけ。
「スピリチュアルな道の豊かさは、そんなんじゃないでしょ!」などと説く必要もない。

私にとって「影」となる存在のその人は、私の人生の目的により明確な基準を与える反面教師的存在になり、そしてさらにその人の生き方も(正反対を目指しているけれども)ありのまま認める、裁きを手放す懐の深い愛を学ばさせてくれる存在となったのでした。

影の存在は、必ずあなたの人生に必要なメッセージを伝えてくれます。
そのメッセージを受け取るワークを、エンジェルパーティにて紹介しました。

どんなワークかご興味ある方は、個人レッスンやセッションでも出来ますのでお知らせ下さいね。
スピリチュアルカウンセリング.jpg

「ありのまま」のお話は、次回に続きます。


posted by AQUA MIXT☆水本 寛子 at 14:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寛子☆体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。