2015年05月26日

男のええ格好しい「君に迷惑かけたくないんだ。」5 通子編

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。
独りで抱え込まないで…
AQUA MIXT 潤治です。

先日、男の気持ちを捉える「恋愛講座」を開催しました。

女性の感じている「男」と等身大の「男」を共有することで何かしらの良い影響があるかと思っての開催でした。

男性が等身大になることを社会が許していないということも大切な視点でした。
男性が泣く姿をよく見るようになったのもこの十数年だったように思います。

第2次ベビーブーム世代の僕は、スポ根アニメの影響から
「男はこうあるべき」という神話があったように思います。

涙の数だけ強くなれ!
男は人前で泣くものじゃない!
弱みを人に見せるな!

…など、社会的な価値観が男たち自身を縛ることは多々あります。
それだけではなく、その影響で女性もその価値観を知らずに
受け容れていることがあると感じます。

そして、男たちが「理想の姿」でいたいと思うことを
サポートしてしまっていることがあるかもしれません。
女性の優しさが「真綿で首を絞める」状態
なっているというわけでしょうか。
当然、男性の優しさが女性のそれになっていることもあります。

本当はパートナーシップを本音で紡いでいくことができれば良いのですが、
本当の感情をお互いに見ないようにして、役割を演じるようになると、
お互いの本音を言い合う場が無くなります。

この物語に出てくる橋本は、良い夫であり、良い上司であり、良い部下でもあります。
他人に弱さを見せずに人前で慌てふためくこともなく、
仕事は細かにこなし、周りからの評価も高いのです。
そのような周りの期待を裏切るわけにもいかず、
彼自身は不安など感じてはいけないと自らの感情を見ないようにしています。

橋本の妻、通子は他人の感情に敏感で病気がちなところがありました。
橋本は通子を気遣うあまりに、心配させまい、気を使わせまいと常日頃から思うのでした。

結局、それが彼女を追い込んでいるとは微塵も感じないわけです。


「君に迷惑をかけたくないんだ。」という言葉が誰のものなのか?
…も感じて読まれることをオススメします。




「君に迷惑をかけたくないんだ。」

という言葉を私は何回聞いたことだろうか?

彼はいつも心の中にある不安を見ずに突っ走ろうとする癖がある。

橋本と結婚してから、彼を支えていた通子は、
橋本の抱え込む癖を見抜いていた。

ひとりで抱え込み、不安に思いながらも、
そのことを感じないように自分自身を鼓舞するような素振りをするのだった。

会社で与えられたポストの重責からだろうか、彼は夜にうなされることがあった。

「あなた、大丈夫?」

と彼を伺っても、返ってくる言葉は、

「リストラされる人もいる中で、こうして仕事をしていられるんだから、
ありがたいと思わなくっちゃね。明日も早いから、ゆっくりと休もう。」

橋本の上滑りなポジティブさは、通子にいつも無力感を覚えるのだった。

彼にとって、わたしの存在意味は何なのだろうか?

彼はいつもわたしを励ましてくれたり、応援してくれる。
それはとてもありがたいことなのだけれど、
わたしの言葉はいつも彼には届いていないように感じる。

まるでわたしが彼を心配することは悪いことのように、
彼はわたしを諭すのだった。

どうすれば、彼に届く言葉を紡げるのだろうか?

このところ、帰りが遅く、会社の人と飲んでいるようだけれど、
おそらく女性と飲んでいるのだろう。
スーツに付いた香りがそのことを物語っていた。

問い詰めてもいいのだけれど、
彼が不安を共有できる人が外にいることを確認することはとても怖く感じる。

それはわたしが役立たずであることを証明することになるから。

わたしにとって大切な人が、わたしを必要としていないことを知ることはとても辛い。

それならば、彼を見守る「ゆとりのある女」を演じていたい。


その朝はいつになく、橋本の様子が変わって見えた。
橋本自身はいつもと変わりない自分を演じているようだったが、
通子には、落ち着きの無い様子の橋本にいつもどおりに接することしかできなかった。

「今日も遅くなりそうなの?」

時間を気にしながら、コーヒーを飲んでいる橋本に通子は話しかけた。

「え?あ、うん、今日は大事な取引先と商談で、
その後に部下に相談事を持ちかけられちゃってね。
悩むな、で済む話なんだけど、いろいろと愚痴を聞かされそうだよ。
だから、君は先に寝てていいからね。」

どうやら、今夜も彼女に会うようだ。
わたしは、彼を見守る「ゆとりのある女」だもの。
多少の浮気は妻としては大目に見ないと…。

「ゆっくりとしていらっしゃいね。大切な部下の相談なんだから。
わたしは大丈夫。先に眠らせてもらうわ。」

わたしは大丈夫…って何が大丈夫なのだろう?
わたしは本当に大丈夫なのだろうか?

いつから本当の気持ちを表現することが難しくなってしまったんだろう?
彼と喧嘩すらしたことないことを省みる自分がいた。

わたしはいつから、彼の世話人になってしまったのかしら。

通子は炙り出される感情に呑み込まれそうだった…。

(続く)


タグ:恋愛講座
posted by AQUA MIXT★水本 潤治 at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潤治★体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。