2015年06月06日

「手放さないと受け取れない」という呪縛に苦しむなんてナンセンス

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。
心の扉
AQUA MIXT 潤治です。

思えば、寛子と同じヴィジョンを持ち、お互いの経歴などを知らずに出逢ってすぐに結婚をし、ヴィジョンを持ち続け、こうしてAQUA MIXTが多くの人に知っていただくようになりました。
ヴィジョンというと大袈裟ですが、未来の方向性とイメージと言い換えられるかもしれません。

何が何でも達成するぞ!というような目標ではなく、かといって実現不可能な夢のようなものでもありませんでした。

自分たちがあるべき姿でいれば、
その未来はやってくるだろうなという前向きな期待感でした。

自分たちのあるべき姿とは、

「自分たちの感情に正直であること」
「マイノリティ(少数派)を怖れず、受け容れること」
「どんなことでもパートナーと分かち合うこと」
「遠回りこそ、近道であると気高く生きること」
「怖れや不安に人生の舵を取られずに直感を信頼すること」

…などです。

世の中には僕たちの欲求や本能を刺激するものがたくさんあります。

どんなものがあると思いますか?

僕が感じるものは…


損得勘定・所属の欲求・射幸心を煽る
・自分じゃない誰かになれるお誘い
欠乏意識を紛らわすもの・自己顕示欲・承認欲求…。

どれも魅力的ですね。
僕ひとりだったら、がぶがぶと飲み干していくでしょう。
(なのに、喉は渇き続けるというパラドクス…)

できるだけ、自分たちのあるべき姿(価値)に向かいたいと思っています。

現に自宅でカウンセリング・セラピーを中心に自分たちらしい活動を生業にしたい、
成長しあえるパートナーシップ、感謝状のように受け取るお金や豊かさ、
新しい家族、精神や魂の成長、人の深淵さに触れる、…など、

結果的に望んでいた世界に身を置くことになっています。

そのために僕たちが通ったプロセスですが、

「手放した先に豊かさがある。」
というものです。

「手放す」という言葉について僕たちなりの定義があります。

それは、

受け取ること・受け容れることと同時に発生する
ということです。

骨を咥えている犬に食事を与えようとすると、
咥えていた骨を離してしまうようなものでしょうか。

咥えている骨を犬から離そうと引っ張ると余計に強く噛んできますが、
それと同じことを「手放す」ということに置いてしてしまうことも少なくないように思います。

禁煙しなきゃと言いながら、タバコのことを四六時中考えているなんてことも少なくありません。

「彼に執着している限り、新しい彼氏はできないよ。」
「お金への心配をしている限り、豊かさはやってこないよ。」

などの言葉は、「手放せば受け取れる」という感覚でしょうか。
いつの間に条件ありきの法則に成り代わっています。

僕はそれを「手放せないと受け取れないという悪魔との契約」と呼んでいます。

天使のメッセージのように穏やかな香りはせずに、
おどろおどろしい異臭が漂ってきそうです。

「なかなか手放せなくって…ダメですよね?」

「いいんじゃない?」と僕は思います。

禁煙しているのに、始終タバコのことを考えている彼にも、
禁煙したいと思った気持ちに寄り添ってみたらどう?と言うでしょう。
きっと、家族が大切だったり、未来の健康を思ってだったり、という気持ちがあったと思います。

家族を大切にできる自分になれるだろうか?
健康になったとして、それでいったい自分は何をしたいだろうか?

その気持ちを感じる際に出てくる「どうせ、自分にはそれは相応しくない」という
怖れを受け容れることが、すなわち、タバコを手放すことに繋がると感じています。

新しい彼が欲しいというポーズを見せながらも、昔の彼に執着している彼女にも、
彼のどんなところが好きだったか?感謝しているか?憎んでいるか?を問うでしょう。
執着するくらいですから、忘れたくない思いもあるでしょう。

彼はこんなわたしを大切にしてくれた。
その彼が裏切ったことが許せない。
今ごろ違う女と幸せでいることが悔しい。

その気持ちを感じている際に出てくる「こんな醜いわたしを愛してくれる人はいないだろう」という
怖れや不安、自己不信、自己憐憫、それでも彼に感謝している自分などを受け容れることが、
すなわち、昔の彼を手放すことに繋がると感じます。

この流れで「お金について」も同じです。

「手放せば、受け取れるのよぉ〜」といういつの間にか
人間の怖れをたっぷり含んだ文言
になっていることに天使も驚くかもしれませんね。

「ありのまま」が流行っているのに、
そこは条件ありきなのね??という感じです。

もっと怖い言い回しにすると、

「手放さないと、受け取れないわよぉ〜。」
「先生、まだまだ手放せません!
わたしに何か問題があるのでしょうか?
わたしはドジでのろまな亀です!」
「いいわよぉ〜、手放すまでここに来なさい!
あなたの問題をさらに見るサポートしてあげるからねぇ〜(ニヤリ)。」
「ちょうどいいわ。そんなあなたに素敵なお知らせがあるの。
カウンセリング10回券の優待販売よ!」

そんな会話がこの日本のどこかで交わされていないことを祈りますw。



posted by AQUA MIXT★水本 潤治 at 06:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 潤治★体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
最近、こちらのBlogに出会うことが出来、
少しずつ読ませていただいています。
うーん、ちょっとした順序で、随分意味合いが変わってくるものですね…。大発見!
目からウロコ!ぐっときました。手放すということを、見返り求めずあえて意識して実行しているときって、私にとっては手放す行為、過程そのものが、ある種の癒しになっているときかもしれません。宇宙の仕組み、奥が深いですね〜。これからも、からくりをおしえてくださいね(^-^)☆
Posted by m 222 at 2015年06月12日 21:19
m 222 さま

コメントありがとうございます。
こうしてご縁をいただくこと、とても感謝しております。
僕たち人間の怖れを上手に含んだ言い回しは多いですが、
なるべくシンプルに穏やかに世界を見ていきたいと思います。

手放すということをいったん忘れませしょうw。

今後ともよろしくお付き合いのほどお願い致します。

感謝をこめて
Posted by 潤治 at 2015年06月13日 06:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。