2015年08月15日

胡散臭さの向こう側にあるもの(2)出逢いは良い試金石

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。

AQUA MIXT 潤治です。
大天使ミカエルの浄化
前回「胡散臭さの向こう側にあるもの(1)」の続きです。

変容のスピードが上がっているとか、あまり気にしなくても、僕の周りの変化は僕が追いつけていけないけど好転しながら進んでいます。

潤治不在(なような気がする)の変容は僕に何をもたらすのでしょうか。

さて、胡散臭いの話です。

アクセス・バーズ(R)の広がり、本体価格が2万円しない浄水器に僕は胡散臭いと思ってしまったのですね。
どちらもAQUA MIXT の変容がいちじるしい時にやって来ました。

その思考習慣というか、物事を捉える視点がおおかた、騙されるのではないか?
損をするのではないか?といった「被害者モード」なんですよね、基本的に僕は。

その人生への姿勢は、大人になっていく中で強化していったのだろうと思います。
それほど、傷ついたり、悔しい思いや抑えこんだ悲しみもあるようです。
結局、僕が創り出そうとする世界に現実は忠実になっていくわけです。
ほらね、やっぱり胡散臭かった、嘘だった、無理だったと思いたいわけです。

本当は無垢に、無邪気に信じて飛び込みたいのにね。
踏み込んで、傷つくことが怖いから、自分を守っているのです。

人生最安値の時の僕が創造する世界は、
気をつけろ!用心してね!危ないからね!
という世界でした。
(人を騙してきた報いとも…)


これ以上、傷つきたくないので、防御過剰なわけです。

その自分を癒すことによって、自分の生きる世界が変わっていくことになるとは
その時、全く予測もしていなかったのです。

自分の人生を生きようと、
自分の心に正直でいようと、
信頼される人になるために、
まずは自分が自分を信頼しようと、

多少の勇気を出して冒険をするようになりました。

それが人生の目的(ライフパーパス)を生きることになっていたようで、
出逢う人や情報、事象が変わっていきました。
もちろん、魂が望むような形で。

ここ、気をつけてくださいね。
エゴが望む形ではないのです。
僕のエゴはいつだって「現状維持」「ひきこもり」ですからw。

随分と、昔の僕からでは想像ができないほど
精神的にも物質的にも豊かになりました。

いつの間にか、自分が発する空気感というか、波動というか、磁力というか、
そのようなものが変化していることに体感ではなく、
僕に起こる事象が教えてくれるようになりました。

花には蝶が寄ってくるようなものでしょうか。

しかしながら、僕の思考習慣は未だに、うんちなのですね。
ハエが寄ってくると思っているのです。

多くの人に支えられ、応援されて、自分の花を咲かす事が出来ていますが、
うんちだった僕がまだ人生の舵取りをしようとするのです。

うんちが追いついてくるのです。

自分が変われば、現実は変わっていきます。
しかし、自分が変わったかどうかを確認する手段や方法は
どのようにすればいいのでしょうか?

引き寄せる現実や情報、出逢う人によってそれは立証されるかもしれません。
しかし、思考習慣がうんちだとそれに踏み切ることができません。

素敵な出逢いなのに、不義理。
良いお話しをいただくのに、却下。
いつならタイミングなんだとツッコミを自分にいれたいほどビビリ。
世の中は騙し合いと猜疑心の塊。(自分に正直になれないからと気づけるか?)

怖いですよ、昔だったら痛い目に遭うパターンですから。

今回のアクセス・バーズと素粒水がそのお試しだったわけですね。

蝶が寄って来ていることを信頼するということでしょうか。
一見、蝶っぽいけど実はハエじゃない?と見てしまう痛がりの臆病な僕ですから。

自分が人生の目的(ライフパーパス)を生きて、
自分の花を咲かしているかどうかの通過儀礼のようなものでした。
良い試金石と言い換えられるかな?

自分をうんちかも?と思っているのお花の人々は、
僕だけじゃない!と思いますが、楽に生きてみようと思います。

変わっていく自分を信じて、ね。

胡散臭さの向こう側にあるもの(3)に続く


posted by AQUA MIXT★水本 潤治 at 11:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 潤治★体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも
とても楽しくお話くださって
ありがとうございます!
自分のこと、気持ちがあがってると
う☆ちでできた花︎くらいには
感じられるようになってきましたが、
さがるとまだまだ200%う☆ちなので、
自分を信頼すること
できるようになりたいです。
Posted by m 222 at 2015年08月16日 09:50
m222 さま

コメントありがとうございます。
ややもするとうんちが僕を追い越していきますが、
自己評価をありがたく受けとめて、周りの事象を捉えたいなと思います。

人生に起こることはその人にとって常にベストということを
うんちの頃は人に偉そうに言っておりましたが、
実際、うんちから遠ざかろうとしている時の今、
再度、受け容れる勇気を持ちたいと思います。

ちなみに、うんちは幼児語なので、メディアでは規制されませんが、
○んこは規制されるようです。
いならい知識ですがw。
Posted by 潤治 at 2015年08月16日 10:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。