2015年07月07日

日常のとあるシーンのアサーティブネス(6)自分を偽らないが暴力になる

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。
ただ手を差し出すだけ
AQUA MIXT 潤治です。

「アサーティブネス」という言葉が一般的になるにはまだまだ時間がかかるかもしれませんが、その姿勢は僕の人生にとってとても必要なものだと思います。

昨年は「JMAフェスティバル〜セルフフォース(自己力)に出会う夏2014〜」において、「あなたのためのアサーティブネス(自己主張)」というテーマで夫婦で講演させていただきました。
初開催となる、JMA・ココリラ出版主催の癒しの総合イベントで講演する機会をいただき、本当にありがたい機会でした。

それ以降、アサーティブネスに関するご相談やご質問も増え、

テーマとなった「アサーティブネス」、
僕たちなりに提議しているものは、
自分に正直になることで、自分を大切にする、
そしてそれが他人を大切にすることになる
ということでです。

自分を大切に、正直に…という言葉だけだと恰好が良いですが、
それはとても日常で試される「人生への姿勢」でもあります。
自分を偽らないということでもあります。
しかし、それは時に暴力にもなります。

本当、些細な日常のあらゆるシーンにその姿勢は試されます。

続きを読む
posted by AQUA MIXT★水本 潤治 at 06:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潤治★体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

ネット社会でのコミュニケーション「僕の存在自体が人を傷つける」

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。

AQUA MIXT 潤治です。

「パートナーと紡ぐ、スピリチュアルな学び」以外に、天使と関わる仕事をしている方々が交代で執筆するリレーエッセイ「天使の旋律」7月度を潤治が担当します。7月7日(火)に掲載が予定されています。

癒しのポータルサイト:COCORiLA (ココリラ)


執筆者が次の執筆者へのお題を指定するという形式となります。
今回、僕へのお題は「ネット社会でのコミュニケーションについて天使からのアドバイス」です。
the guardian
パソコンやスマートフォンが家電のような扱いとなり、誰もが手にし、
当たり前のようにネット社会が広がっていきました。

Facebookでは、身近な人だけではなく、知り合いの人の生活が
(その人が投稿すれば)、知ることができます。
自分が何を考え、何をしているのか?どんなものが好きで、何が嫌いなのか?
何に興味を持ち、何を世界に発信したいのか?

…などなど

発信している人の言葉がそれを閲覧している人の人生に影響を与えるようなこともあります。

人との繋がりにおいて、スピリチュアルな常套句「ワンネス」というものがあります。
ネット社会はそのワンネスをインターネットというツールを使って実現するかのようです。

インターネットは「愛」も「怖れ」も増幅されて拡散していくように思います。
世界中が海でつながっているように、感情の波紋も広がっていくようなものでしょうか。

ある人の何気ない投稿がある人に大きな影響を与えることもあります。
感情的なエネルギーが乗っかっていれば尚更でしょう。

続きを読む
タグ:ATP(R)
posted by AQUA MIXT★水本 潤治 at 06:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潤治★体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

人生は冒険、魂の羅針盤を信頼しよう

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。
angel80
AQUAMIXT 潤治です。

アクセス・バーズ(R)というツールがAQUAMIXTに入ってきました。
※体験談・ご感想はこちら
寛子の変化には、そばで見ていた僕も驚きです。

毎日のように、彼女の施術を受け、僕のパフォーマンスもかなり良くなりました。
そのような日々が来るとは、数週間前までは想像すらしていませんでした。

何しろ、出口のない迷路に迷い込んでしまったような気持ちで日々を過ごしていましたから。

それでも恐れや不安に人生の舵を取られずに、信頼し続けることができたのは、
天使のメッセージを日々感じていたからです。

通常、人の行動や思考パターンは、欲求や外界への反応、見栄や他人の目を気にするなどの「外発的動機」にもとづいていると思います。

そういうしつけや教育を受けて育ったからでしょうか。

自分の中にある「神性」に触れることなく、
それは抑圧されてしまっていると言えます。

それを聴くために、そしてそれを信頼するために、
天使のメッセージを感じることはとても大切です。

自分本位で、
ワクワクすることを指針に、
好きか嫌いかで、


続きを読む
タグ:魂の羅針盤
posted by AQUA MIXT★水本 潤治 at 06:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潤治★体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

男のええ格好しい「君に迷惑かけたくないんだ。」完結編

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。

AQUA MIXT 潤治です。

176/365 - Always Kiss Me Goodnight

「君に迷惑をかけたくないんだ。」
「君を傷つけたくないんだ。」
「君にはもっと僕より相応しい男がいるさ。」

僕が中学生の頃、ドラマの影響でしょうか。
こういった台詞を言うことが「男のロマン」のように思っていました。

少年から青年、そして大人になるにつれてその台詞を言う機会も増えました。
(マッチポンプ的に…)

そのたびに中学生の頃からアップデートされていない思考回路が、
「上記の台詞=男のロマン」と認識していました。

僕の思考回路がアップデートされるには、
離婚という機会を待たなければいけませんでした。


この物語に出てくる橋本、その妻の通子、
橋本の拠り所となっている女 内田 の3人は、

それぞれが最愛の人を大切にしたいと思っています。
しかし、各人のダークサイドが愛とはほど遠い力で
真逆にも思えるような言動を表出させます。

始めにインプットした思考回路に誤りがあるために、
誤作動し続けるようなものでしょうか。

これを心理学では「汚染」と言います。

続きを読む
タグ:恋愛講座
posted by AQUA MIXT★水本 潤治 at 05:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潤治★体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

ネット社会でのコミュニケーション「人格か情報か そこに温度感じる?」

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。

AQUA MIXT 潤治です。

「パートナーと紡ぐ、スピリチュアルな学び」以外に、天使と関わる仕事をしている方々が交代で執筆するリレーエッセイ「天使の旋律」7月度を潤治が担当します。

癒しのポータルサイト:COCORiLA (ココリラ)


執筆者が次の執筆者へのお題を指定するという形式となります。
今回、僕へのお題は「ネット社会でのコミュニケーションについて天使からのアドバイス」です。
喧嘩やめて、仲良くしてね
パソコンやスマートフォンが家電のような扱いとなり、誰もが手にし、
当たり前のようにネット社会が広がっていきました。

今から20年以上前、ポケベルを持つ彼女に「0833 オヤスミ、0906 オクレル」と
電話BOXから打ち込んでいたことが懐かしいかぎりです。
また、当時のドラマにありがちだった「電話や行き違いによる待ちぼうけ」
というシーンも今ではあり得ないことかもしれません。

雨の中、今か今かと待ち続ける時の気持ちは今でも切なくなりますが、
今では、メール1通で済みます。

携帯を持ち始めた頃、
メールを送った後に「今のメール、届いた?」
メールをしてウザがられたことも、

続きを読む
タグ:ATP(R)
posted by AQUA MIXT★水本 潤治 at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潤治★体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

君は神さまがくれた真冬に咲く薔薇

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。

AQUA MIXT 潤治です。すべての写真-1325

子どもは受け取ることが上手だと感じます。
自分でできることがほとんどなくこの世に無防備な状態で生まれてくる彼らは完全な依存状態です。

スピリチュアルな教えで、「受け取ることは与えること」とありますが、彼らは何を周りに与えているのだろうかと思うことがあります。

僕たちが住むこの世界では、子の面倒をみるのは親の役割でたいへんなことも多いかと思います。
しかし、彼らが与えてくれているものに目を向けてみると様々な贈りものに気づけます。

夜泣きするのは何故だろうか?
それは僕たち夫婦に何を訴えているのだろう?
無邪気にイヤイヤするのは何故だろうか?
僕たちの抑圧している感情を炙り出してくれるのだろうか?
何かを思い出させようとしているのだろうか?
僕たちが忘れてしまっているものは何だろう?
子どもが身を挺して伝えようとしていることは何だろう?

時に、大人としての自分を隠れ蓑に娘の真正面からの訴えを
単なる「愚図り」と片付けてしまうことが僕自身あります。


続きを読む
タグ:子育て
posted by AQUA MIXT★水本 潤治 at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潤治★体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

振り子の法則がもたらすもの

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。

AQUA MIXT 潤治

「振り子の法則」について、ここ最近、寛子のメールレターやブログで書かれていましたが、誰にでもその法則は当てはまると僕自身思います。
May the Force be with you
「振子の法則☆最近のダメダメ期と乗り越え方」
「振子の法則☆振子が戻ると無理矢理ポジティブか新しいチャンスか」

ネガティブに陥った時
どうしようもない絶望感、劣等感、孤独感に陥った時

逆境をはねのけてみせる!
まだまだ頑張りが足りないんだと自分を叱咤する
自分にはとても出来やしないんだと自己評価を下げる
不安や怖れで頭を真っ白にしてパニクる

など、必要以上のエネルギーを
自分の「理想とかけ離れている姿」
向けないことが大切なように思います。

ライフパーパス個人レッスン行動編 では、
mn_lifepurpose.jpg
詳しく行動の中で感じていただくことになりますが、

上滑りなポジティブ
批評や批判に逃げる
感情に蓋をする
合理化

などが応急処置になるでしょうか。

どれも振り子をさらに振らせる悪循環へと僕たちを導きます。

悲しいね(渡辺美里)

自分やパートナーがその状態にあったら、
それこそ、「あるもの」を育む機会です。


続きを読む
posted by AQUA MIXT★水本 潤治 at 06:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潤治★体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

変化の時に起こる「人間的視点におけるKYな天使の導き」

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。
New Dawn
AQUA MIXT 潤治です。

今回の新月も僕たちの周りではたくさんの
「終わりと始まり」がありました。
パートナーシップ、家族の調和、食生活、お金との付き合い方、仕事、過去の癒し…

などなど、その日常の小さなサインに気づけるかどうかで人生は如何様にも見えることでしょう。

若かりし頃、退屈な日常の繰り返しと虚無を気取ったりもしていましたが、単なる「逆ええ格好しい」と顧みて思います。

いかに日常に溢れる小さなサインに耳を傾けることができるかは、
僕の人生のバランスを保ち続けます。

天使の導きも仄かなな囁きのように聞こえる時があります。

「これ、やってみようかな?」
「こっちのほうが素敵かしら?」
「何だかワクワクするなぁ。」
「ひょっとして好きなのかも?」

積極的に人生を変えていこうと思う時に聞こえてくる声は
とても仄かなものであることが多いように思います。

それを引き留めようとする僕たちの「不安や怖れ」は、


続きを読む
posted by AQUA MIXT★水本 潤治 at 06:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潤治★体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

インディゴチルドレンの憂鬱「無条件に愛さないで欲しい。」後編

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。
自然に上昇する時
AQUA MIXT 潤治です。

3月・4月とインディゴエンジェルレッスン1・2 が開催されました。

インディゴチルドレンの資質や世間とのギャップで陥りやすい罠なども含めて、今世を生きやすい世界に変えるというテーマを扱っていきました。

インディゴチルドレンとはインディゴブルーのオーラを持つ人たちのことを言いますが、その性格には戦士のような気丈さや反骨精神、真実を追求する姿勢、嘘を見破るなど、そもそも世の中のルールを壊すために生まれてきたとされています。
または、変化をもたらす世代とも呼ばれています。
そのために陥る罠も僕自身感じています。

過去の「インディゴチルドレンの憂鬱」シリーズはこちら

前回の続きですが、自己評価の低かった僕は、
人間関係において自らに試練を与えるような真似をします。

相手のためになろうと奔走し、頑張り、犠牲になる。
そうかと思えば、抑圧した感情によって爆発し、縁を切る。

ひとりマッチポンプ状態でした。

そして、自分は愛し愛されるような人間関係には相応しくないと思うのでした。

それは僕の周りの世界にも投影され、
世界は哀しみに満ちていると感じるのです。
それは僕の育った家庭環境なども影響しているでしょう。


続きを読む
posted by AQUA MIXT★水本 潤治 at 05:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潤治★体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

愛は怖れを癒すのか?クレーム対応講座開催

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。

AQUA MIXT 潤治です。

先日、「愛が怖れを癒す『クレーム対応講座』」を開催しました。
Eternal Sorrow

文句を言いたい人、非難・批評してくる人
穏やかに話せば分かるのに、喧嘩腰になる人
あえて怒らせるような事を言ってくる人

なぜ、このような人がいると思いますか?

AQUA MIXT が起ちあがる少し前、
僕はあるテレビ局の視聴者センターで意見や問い合わせを受ける仕事をしていました。

番組への意見や文句が一日、数十件とかかってきました。
在職中に20,000件以上のクレームを扱ったことになります。

怒りを抱えて身動きがとれない人の感情に痛みを感じたものです。

クレームは「愛を求める叫び」であると理解することから
怒りの向こう側にある感情に気づけるようになりました。

彼らの求める謝罪に応えることができるようになったのは、それからしばらく経ってからでした。

僕たちの人生を大きく左右するパワーを持つ「感情」。
このパワーに翻弄されている人も少なくありません。

「感情」から自由になっている人などいるのか?とも僕は思います。

続きを読む
posted by AQUA MIXT★水本 潤治 at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潤治★体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

男のええ格好しい「君に迷惑かけたくないんだ。」6

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。
七夕の逢瀬
AQUA MIXT 潤治です。

メルマガで共有させていただきました
「メディアがミスリードする異性像」について、
男性が幻の女性像を夢みるようになってしまった原因になったであろう(潤治調べ)女性アニメキャラを3名あげさせていただき、その罪深き魅力を語らせていただきました。たくさんの反響をいただき、とても嬉しく思います。

その3名とは…

「めぞん一刻」からは音無響子さん。
「うる星やつら」からはラムちゃん。
「タッチ」からは 浅倉 南さん。

男のエゴを増幅させ、甘えを助長させてしまった女性たちです。
しかし、男はその優しさにひたすら甘え、だらしなく憧れます。

男は自分自身の弱さや情けなさを相手と分かち合うくらいなら、
ひたすら甘やかされることのほうが心地良いのかもしれません。

「君に迷惑をかけたくないんだ。」という言葉は、
「僕が君の迷惑になっているだなんて僕のプライドが許せないんだ。」と言い換えられます。
どこまでもベクトル自分向きです。
実は相手のことを思っての言葉ではありません。

素直にそう言えば、きっと相手は、
「迷惑をかけ合ってこそのわたしたちの関係でしょ?
家族(恋人)でしょ?格好つけてんじゃないわよ!」
と温かく男の右頬に平手で叩いてくれるでしょう。

恰好をつけたいのは、自分が傷つきたくないということです。



続きを読む
タグ:恋愛講座
posted by AQUA MIXT★水本 潤治 at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潤治★体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

インディゴチルドレンの憂鬱「無条件に愛さないで欲しい。」前編

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。
ただ手を差し出すだけ
AQUA MIXT 潤治です。

3月・4月とインディゴエンジェルレッスン1・2 が開催されました。

インディゴチルドレンの資質や世間とのギャップで陥りやすい罠なども含めて、今世を生きやすい世界に変えるというテーマを扱っていきました。

アースエンジェルやインディゴチルドレンは、スピリチュアルな言い方や概念です。
それを一般的な世間の価値観・常識に照らし合わせれば、社会不適合者と言われることもあるでしょうか。

学校や社会で上手に自分を表現できず、周りからの偏見や疎外感から、社会不適合だというレッテルを自らに貼るかもしれません。

それとも、反転して、プライドを守るために学校や社会を見下して、
無理矢理な選民意識を育むこともあるかもしれません。
自分こそが正しいということでしょうか。
そうでないと自分でつくりあげてしまった世間からの批判、中傷に立ち向かえないのかもしれません。

僕たちはとても弱い存在と自分を過小評価してしまうことがありますから。


そのどちらも「感情ゲーム」に呑み込まれ、本来、魂が望むことよりも、
そのゲームに興じ、人生を遅延させ、複雑にして、不幸な気が僕はします。

さて、インディゴチルドレンとはインディゴブルーのオーラを持つ人たちのことを言いますが、
その性格には戦士のような気丈さや反骨精神、真実を追求する姿勢、嘘を見破るなど、
そもそも世の中のルールを壊すために生まれてきたとされています。

続きを読む
posted by AQUA MIXT★水本 潤治 at 11:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 潤治★体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

「手放さないと受け取れない」という呪縛に苦しむなんてナンセンス

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。
心の扉
AQUA MIXT 潤治です。

思えば、寛子と同じヴィジョンを持ち、お互いの経歴などを知らずに出逢ってすぐに結婚をし、ヴィジョンを持ち続け、こうしてAQUA MIXTが多くの人に知っていただくようになりました。
ヴィジョンというと大袈裟ですが、未来の方向性とイメージと言い換えられるかもしれません。

何が何でも達成するぞ!というような目標ではなく、かといって実現不可能な夢のようなものでもありませんでした。

自分たちがあるべき姿でいれば、
その未来はやってくるだろうなという前向きな期待感でした。

自分たちのあるべき姿とは、

「自分たちの感情に正直であること」
「マイノリティ(少数派)を怖れず、受け容れること」
「どんなことでもパートナーと分かち合うこと」
「遠回りこそ、近道であると気高く生きること」
「怖れや不安に人生の舵を取られずに直感を信頼すること」

…などです。

世の中には僕たちの欲求や本能を刺激するものがたくさんあります。

どんなものがあると思いますか?

僕が感じるものは…


続きを読む
posted by AQUA MIXT★水本 潤治 at 06:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 潤治★体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。